2022年05月18日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

映画はほとんどの方がご存じだろうが、この本(試し読み可能)は主人公マリアとフォン・トラップ・ファミリーの自叙伝に当たる。

前半はオーストリアを中心としたヨーロッパでの体験談とアメリカ亡命前夜までが記されている。

渡米以降の家族の生活については続編になるもう一冊に収められている。

谷口由美子氏の訳は常に平明で文面にマリアの敬虔だが、機知に富んだ明るく積極的な人柄が滲み出ている。

また専門用語については注釈が見開きごとに設けられ、読者が読んでいるページですぐに理解できるように工夫されているのも特徴だ。

ここでは修道院で慎ましく生涯を過ごすことに何の疑問も持っていなかったマリアが、トラップ男爵の7人の子供達の家庭教師から男爵夫人となり金融恐慌による破産、男爵の反ナチ思想からの苦悩と亡命に至る不穏な出来事が回想される。

そうした時期を通じて、彼らのささやかな楽しみだった趣味のファミリー・コーラスがヴァスナー神父と名歌手ロッテ・レーマンの協力を得た。

そして奇しくもザルツブルク音楽祭で優勝してからはプロの合唱団として全ヨーロッパでの演奏活動を始める事になる。

またオーストリアのクリスマスや復活祭、そして夏のバカンスなどの歳時記についても詳しく描写されていて、当時の彼らの生活を余すところなく伝えている。

最後の章で男爵は軍人としてドイツに貢献することを拒み、家族も全員一致でヒットラーの前で歌わない決意をする。

危険を冒してさえも自分達の尊厳を貫くことを選んだ固い意志が、その後の彼らの運命を方向付けることになったのだ。

後半では10人の子供達とアメリカでのゼロからの再出発と成功を勝ち得るまでの家族の奮闘がマリア特有のユーモアを交えて綴られている。

フォン・トラップ・ファミリーの前には氷山のような障害も少しずつ溶け去っていく。

激動の時代にあって、彼らは常に前向きに考え、行動した。

いやむしろ体当たり的に生きざるを得なかったというべきだろうか。

しかし稀にみる家族の結束と行動力によって降りかかる難関を次々に切り抜けていくストーリーには興味が尽きない。

家族合唱団を結成して以来、精神的にも、また経済的にも彼らを常に支えたものは彼ら自身のコーラスだった。

トラップ家の絆は音楽によって強く結ばれ、彼らの歌が多くの人々の心を惹きつけ、行動に移した。

アメリカの入国管理の検閲に引っかかり、難民抑留所に何日も軟禁状態になったり、客の入らない演奏会が続いて興行主に契約を打ち切られたり、波乱に満ちた日々の生活の中でも彼らは果敢に歌い続けた。

ここには映画に描かれた美しくロマンティックなエピソードだけではない、彼らの真実の人生が正直に記録されている。

終わりに近い『手紙』の章はそれまで決して弱音を吐かなかったマリアが、常に苦労を共にし励ましてくれた夫、ゲオルク・フォン・トラップ男爵の病に蝕まれていく姿に狼狽し、困惑する。

全編の中で唯一彼女の悲痛な心情が吐露され、彼の臨終に際しては女性らしい暖かで細やかな思いやりがひときわ美しい。

余談ながら次男ヴェルナーの4人の孫が現在でもザ・フォン・トラップ・チルドレンとしてモダンだが繊細で美しいコーラスを世界中で披露している。

曾祖母マリア以来のトラディションが見事に受け継がれているのだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:53コメント(0)書物芸術に寄す 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《ミケランジェロの詩による組曲》は、ショスタコーヴィチの死の前年の傑作ながら、現役盤が少ない作品である。

この作品(以下『ミケランジェロ組曲』)は、そのミケランジェロの11の詩に、ショスタコーヴィチが、作曲した、男声独唱とオーケストラのための声楽組曲である。

ミケランジェロの詩11篇に付曲した音楽は、ショスタコの苦悩に満ちた心情を反映するかのように、暗く重い。

バスのポルスターが力強く艶のある声、テンションの高いオケ、壮絶な演奏だ。

この作品(『ミケランジェロ組曲』)は、ヴァイオリン協奏曲第1番や交響曲第14番と並ぶ、ショスタコーヴィチの最高傑作の一つである。

それにも関わらず、この作品が、交響曲第14番と同様、演奏会で取り上げられる事が極めて稀である。

まだネット配信が普及していない頃、CDも殆どないという時代に、筆者は本盤を持っているのにも関わらず、長らく謎のまま放置していた。

ルネサンス美術の巨匠、ミケランジェロは、同時に、優れた詩人でもあった。

あのシスティナ礼拝堂の『最後の審判』やダヴィデ像、ピエタ像の彫刻で有名なルネサンスの芸術家が書いた詩に付曲したものである。

芸術や愛、そして憤りなどを詩情豊かに綴ったダンテ風の詩なのだが、音楽は無駄がなく、切羽詰まった心情吐露を聴くごとく暗く重い(全11曲)。

この曲を聴くと、ミケランジェロの詩の深さと、それらの詩にショスタコーヴィチが抱いた深い共感に打たれずにはいられない。

中でも、「創造」(第8曲)、「死」(第10曲)、「不滅」(第11曲)の3曲の精神的深さは、殆ど形而上学的だ。

その最後の曲(「不滅」)の中で、死を迎えた詩人が、「だが、私は、生きている」と歌う一節には、何度聴いても感動を覚えずにはいられない。

この言葉は、死を間近に感じたショスタコーヴィチ自身の遺言だったのではないだろうか?

この作品に使れているミケランジェロの詩の選択には、ショスタコーヴィチのメッセージが込められている。

そこには、明らかに体制批判的なメッセージがあるようだが、そんな事は、大した事柄ではない。

筆者が打たれるのは、むしろ、こうしたショスタコーヴィチの死への思いである。

このディスクは、ミケランジェロの詩をドイツ語訳で歌うヴァージョンである。

それが、ドイツ語の深さ、美しさと相俟って、ショスタコーヴィチの音楽の素晴らしさを際立たせている事が、深く印象的である。

ショスタコーヴィチが託した晩年の心境を読み解いていくかのような感興を覚えさせる名盤であるが、繰り返し聴くのにはちょっとつらい歌曲だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:15コメント(0)ショスタコーヴィチ芸術に寄す 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ショスタコーヴィチのオペラ《ムツェンスクのマクベス夫人》(1932年)は衝撃的な作品だ。

強姦、情事、殺人、死体遺棄、司祭や警官への揶揄、因人のシベリア送りまでが、ここまでリアルに作曲されたオペラは稀であろう。

当初、世界的に歓迎されたこの問題作が、ただ一人スターリンのお気に召されなかったことから、ショスタコーヴィチに危機が訪れたことは周知の事実。

以後、ショスタコーヴィチは常に命の危険を感じながら、本音を隠すような苦渋の創作活動を強いられることになる。

だが、このオペラには25歳の天才が未だ何の制約も受けず、創作の翼をどこまでも伸ばしてゆく、やりたい放題の素晴らしさがある。

映像では、マリス・ヤンソンス指揮による2006年ネーデルランド・オペラ公演が、作品の真髄に肉迫する凄演だ。

性描写や人の残虐性をギリギリの芸術性で描くクシェイ演出が冴えわたる。

カテリーナ役のウェストブロークの情念も艶めかしく、セルゲイを演ずるヴェントリスが、憎たらしいほどこの放蕩人役に嵌っている。

映画《カテリーナ・イズマイロヴァ(「マクベス夫人」の改訂版)》(ジャピロ監督)も一度は観たい。



オリジナルの《ムツェンスクのマクベス夫人》ではなく、改作された《カテリーナ・イズマイロヴァ》がDVDで視聴できる。

といっても上演の記録ではなく、1966年に制作されたソ連(当時)の映画だ。

カテリーナはヴィシネフスカヤが歌い、演技もしているが、ほかの役は歌手が歌い、演技しているのは俳優だ。

《カテリーナ》ではあるけれど、なにしろ映画なので、いろいろな省略はある。

当局への配慮から性的な描写が穏便に改訂された無念さはあるが、背景となるロシア豪商の有様、シベリアへの辛い道行き、カテリーナが身を投げる川の冷たさなど、実写でなければ体感できない面白さがある。

ショスタコーヴィチは原作《ムツェンスクのマクベス夫人》の性的などぎつい部分を改訂し、30年近く封印されたこのオペラ映画を再登場させた。

カテリーナ役のヴィシネフスカヤが名演を博し、シャピロ監督の演出の冴えと相俟って、見ごたえのある作品に仕上がっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:05コメント(0)ショスタコーヴィチヤンソンス 

2022年05月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ザンデルリンクはムラヴィンスキーに師事するとともに、ショスタコーヴィチと親交があったこともあって、ショスタコーヴィチを得意としており、交響曲第15番については2度にわたってスタジオ録音している。

最初の録音が、本盤に収められたベルリン交響楽団との演奏(1978年)であり、2度目の録音が、クリーヴランド管弦楽団との演奏(1991年)である。

いずれ劣らぬ名演と言えるところであり、特に1991年の演奏については円熟の名演とも言えるが、筆者としては、より引き締まった演奏全体の造型美を味わうことが可能な本演奏の方をより上位に掲げたい。

ザンデルリンクはムラヴィンスキーが音楽監督時代のレニングラード・フィルの客演指揮者として研鑽を積んだ。

ムラヴィンスキーのような全軍水も漏らさぬ指揮官のこわもてのイメージはなく、精緻だがオーケストラの持ち味を生かした柔軟な音楽作りが冴えている。

強引と思われるような牽引や聴き手を疲弊させるようなこともない、豊かな音楽性を引き出すことにかけては第一級の腕を持っていた。

彼は旧ソヴィエト時代にショスタコーヴィチと個人的な交流を持っていたので、作曲家の良き理解者として作品に寄り添った解釈が聴きどころだ。

決してシニカルにならず、いたって真摯な表現力と緻密な統率から表現される繊細なサウンドはザンデルリンクならではのものだ。

本演奏も、さすがに、師匠であるムラヴィンスキーの演奏(1976年)ほどの深みや凄みには達していない。

それでもザンデルリンクによる彫りの深い表現が全体を支配するなど、外面だけを取り繕った薄味な演奏にはいささかも陥っていないと言えるところだ。

加えて、ドイツ人指揮者ならではの堅固な造型美や重厚な音色が演奏全体を支配しており、その意味では、ムラヴィンスキーによる名演の持つ峻厳さを若干緩和するとともに、ドイツ風の重厚さを付加させた演奏と言えるのかもしれない。

いずれにしても、本演奏は、ムラヴィンスキーなどのロシア系の指揮者以外の指揮者による演奏の中では、最右翼に掲げられる素晴らしい名演と高く評価したい。

第1楽章はおもちゃ箱をひっくり返したような無邪気さが特徴だが、荘重なブラスのコラールで始まる第2楽章、十二音技法の第3楽章は音楽的統一性に首を傾げたくなる。

そして終楽章では再び他の作曲家の作品からの剽窃がオンパレードとなり、パッサカリアの古い技法も使われる。

ショスタコーヴィチはそれまでの総ての音楽技法を集大成したような交響曲に仕上げた。

結局彼は他人から何を言われようと、自分の書きたい音楽をこの交響曲に纏めたのではないだろうか。

それが奇しくも彼の最後の交響曲になったのは言うまでもない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:47コメント(0)ショスタコーヴィチザンデルリンク 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドイツの名指揮者クルト・ザンデルリンクは晩年ヨーロッパの名門オーケストラだけでなく、中堅として支える地方の実力派の楽壇に頻繁に客演したが、シュトゥットガルト放送交響楽団とも質の高い演奏を遺してくれた。

そのひとつが1999年12月に行われた地元リーダーハレでのライヴで、演奏終了後の拍手や歓声の他は客席からのノイズは殆ど混入していない。

またブルックナーには不可欠なホールの潤沢な残響にも不足していない。

欲を言えばサウンドの立体感が欲しいところだが、レギュラー・フォーマットのCDでは限界があるのも事実だ。

残念ながら大手メーカーからはザンデルリンクにブルックナー交響曲全集の企画は持ち込まれなかった。

この第7番の他にはベルリン放送交響楽団、コンセルトヘボウ、BBCノーザン、ゲヴァントハウスそれぞれとの第3番とバイエルン放送交響楽団との第4番『ロマンティック』などがレパートリーとして挙げられる程度だ。

第3番、第4番と並んで彼の大曲をまとめ上げる力量と知的なアプローチが作品の重厚な構成感を聴かせるだけでなく、ここではまたライヴならではの白熱した雰囲気も伝わってくる。

全曲を通じて高揚感に溢れており、なかでも第2楽章ではザンデルリンクの持ち味とも言える美しい弦の響きが存分に発揮された、素晴らしい演奏が繰り広げられている。

この作品のハース版を使うところにもザンデルリンクの表面的な派手さを避ける意思が見えている。

特に第2楽章の後半でのクライマックスにシンバルやトライアングルが加わると、往々にしてあざとさが表出されてしまう。

ワーグナーの楽劇のような舞台作品であれば、時には効果的だが純粋な管弦楽曲には慎重でなければならない筈だ。

そうした管弦楽法を熟知している指揮者としてザンデルリンクは第一級の腕を示している。

またシュトゥットガルト放送交響楽団も彼の悠揚迫らぬテンポの中に、広いダイナミズムを巧みにコントロールして高度な合奏力で呼応している。

2012年に統廃合が行われた結果、現在では南西ドイツ放送交響楽団の名称で呼ばれているシュトゥットガルト放送交響楽団だが、確かにオーケストラとしての完成度から言えば彼らを上回る楽団は少なくないだろう。

しかしこのブルックナーではザンデルリンクの悠揚迫らざるテンポの中に、幅広いダイナミズムを巧みにコントロールした采配に呼応する、高度な合奏力を持ったオーケストラであることが証明されている。

むしろ超一流のオーケストラではそれほど顧みられない作曲家の朴訥とした作風を滲み出させているところも秀逸。

こうした表現に関してはドイツの地方オーケストラがかえってその実力を示しているのは皮肉だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:07コメント(0)ブルックナーザンデルリンク 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



デュリュフレのレクイエムは、3大レクイエム(モーツァルト、ヴェルディ、フォーレ)に次ぐ名作とされているにもかかわらず、録音の点数が多いとは必ずしも言い難い。

そのような中で、フォーレのレクイエムにおいて素晴らしい名演を成し遂げているミシェル・コルボが、同曲のスタジオ録音を行っているのは何と言う嬉しいことであろうか。

本盤におけるコルボによる演奏は、そのような期待をいささかも裏切ることがない素晴らしい名演に仕上がっている。

清澄な美しさを誇る同曲であるが、コルボの指揮は、これ以上は求め得ないような繊細な表現を駆使して、精緻に同曲を描き出している。

それでいて、繊細であるが故に薄味になるということはいささかもなく、どこをとってもコクがあり、加えて豊かな情感に満ち溢れるのが素晴らしい。

そして、各フレーズの端々から滲み出してくるフランス風のエスプリに満ち溢れた瀟洒な味わいには抗し難い魅力がある。

また、同曲は、フォーレのレクイエムと比較すると、時折ドラマティックな振幅も散見される。

そうした箇所においてもコルボはいささかも力づくの無機的な演奏には陥らず、常に懐の深い崇高さを失うことがないのが素晴らしい。

独唱陣も極めて豪華なキャスティングであると言えるだろう。

メゾ・ソプラノのテレサ・ベルガンサとバリトンのホセ・ファン・ダムという超豪華な布陣は、本演奏でもその名声に恥じない素晴らしい歌唱を披露していると評価したい。

コロンヌ管弦楽団と同合唱団も、コルボの確かな統率の下、最高のパフォーマンスを発揮している。

いずれにしても、コルボによる本演奏こそは、同曲演奏の理想像の具現化である。

録音からかなりの年月が経っているにもかかわらず、現在でも同曲の演奏史上トップの座を争う至高の超名演と高く評価したい。

併録のグレゴリオ聖歌の主題による4つのモテットも、デュリュフレのレクイエムがグレゴリオ聖歌を使用していることを踏まえてのカップリングであると考えられるが、演奏も清澄な美しさを誇る素晴らしい名演に仕上がっている。

音質は、パリのトリニテ教会やノートルダム・デュ・リバン教会の豊かな残響を効果的に生かした鮮明なものであり、従来盤でも十分に満足できる高音質である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:06コメント(0)現代音楽 

2022年05月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2019年2月、難病の「多発性硬化症」と診断されたことを公表した天才ピアニスト、アリス=紗良・オット…。

『音楽家なので、同じ病で42歳で亡くなった天才チェロ奏者のジャクリーヌ・デュ・プレさん(1945〜87年)のことが頭に浮かびました。「動けなくなって、ピアノも弾けなくなるのか」と想像しました(公式ホームページより)』。

リストの超絶技巧練習曲集は、文字通り超絶的な技巧を要するとともに、ダイナミックレンジの広さやテンポの激しい変化など非常に振幅の激しい楽曲であり、弾きこなすためには卓越した技量はもちろんのこと、幅の広い豊かな表現力を要する難曲と言える。

このような難曲をデビュー曲に選んだだけでも、アリスのピアニストとしての底知れぬ才能とその器の大きさを感じざるを得ない。

第1曲や第2曲のたたみかけるような火の玉のような激しさはどうだろう。

打鍵も力強く、快速のテンポにいささかの弛緩もしない圧倒的な技量にも圧倒される。

第3曲の「風景」で、我々は漸く、アリスが女流ピア二ストであることを知ることになる。

ここの抒情は実に美しい。

有名な第4曲の「マゼッパ」は、堂々たる威厳に満ち溢れており、とても19歳のピアニストとは思えないスケールの雄大さだ。

第5曲の「鬼火」の軽快さも見事だし、第6曲の「幻影」や第8曲の「狩り」の重厚さも特筆すべきだ。

長大な第9曲の「回想」は、女流ピアニストならではの繊細な抒情が感動的だし、第11曲の「夕べの調べ」のまさに夕映えのような美しさや第12曲の「雪かき」の寂寥感の嵐にも大きく心を揺り動かされる。

ボーナストラックの「ラ・カンパネラ」も繊細さと重厚さのコントラストが見事な名演だ。

このように、アリスは、既に豊かな表現力を備えており、単なるテクニックだけのピアニストではない。

もしかしたら、我々は何十年に一人しか出てこない名ピアニストのデビュ−の時代に運良く居合わせているのかも知れないのだ。

例えば現役世代であればポリ−ニとか、故人ではリパッティとか、彼らに共通するのは、完璧なピアノ技巧と高い音楽性の両方を持ち合わせている点。

彼女もまさにこの2つ持ち合わせたピアニストであり、将来が楽しみな逸材と思っていたのも束の間に悲報が伝えられる。

「働きすぎないで」と涙ながらに祈念しつつ、今後のアリスの更なる成熟をあたたかく見守りたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:18コメント(0)リスト 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



プレヴィンはそのころ音楽監督のポストにあったロンドン交響楽団とのコンビで、チャイコフスキーの3大バレエ全曲盤を1970年代に吹き込んでいるが、これはその後、ロイヤル・フィルに転じて間もなく、57歳になる1986年に14年ぶりに再録音したもので、彼の代表的な名盤のひとつである。

古今の数ある《くるみ割り人形》全曲盤の中でも極めて高い定評を誇る著名なディスクで、指揮者としてのプレヴィンの美点が最も幸福な形で発揮された、スタンダードな名盤と言える内容を示している。

決してとりわけ優美であるとか、ファンタジー的であるという性格ではないけれど、個々のことが整然と把握されており、全体のバランスがよく、洗練されたスマートなプロポーションで、この曲の全貌を展望したような演奏と言えよう。

チャイコフスキーはオーケストレーションが巧いとされ、筆者はこの見解には全面的には賛同しないが、3大バレエの中で、さすが最晩年の作品であるだけに、《くるみ割り人形》こそはその定説を立証するもので、それは組曲よりも全曲を聴いたほうが納得できるはずである。

メルヘン的世界は、舞台上ばかりではなく、音楽とそこに展開されている多彩な音色、そして多様な性格を与えられた主題的素材などにも明確に生きている。

ことに木管楽器や特殊楽器のチャーミングな色彩感は、まさにメルヘンの世界を描くにふさわしい。

この作品が音楽だけによっても広く親しまれている根底には、そうしたことがあることは間違いないが、プレヴィンのこの演奏は、まさにそうしたこの作品の特質を、多様な面から明らかにしてくれるに違いない。

オーケストラに過重なテンションをかけず、柔らかな手つきでそうした夢と音色の世界を描いたプレヴィンは、語り口の巧さといい、音楽的な洗練度といい、文句なしの出来。

彼は、オーケストラのアンサンブルと音色的な表現力を最大限に生かしながら、巧妙な語り口でそれぞれの主題がもつ性格を明快にとらえて語りかけ、随所に現れる美しい旋律を、適切なテンポで心ゆくまで歌わせている。

全曲を通じて、シンフォニックなまとめで、アンサンブルや音色の推移、構成感や対照感を聴かせることを優先し、情緒面を色濃く出している。

色々な踊りを集めた第2幕では、各曲の性格を見事にとらえ、内容豊かに表現し、実に絢爛豪華な気分を盛り上げていて、オーケストラもよく鳴っている。

イージーリスニング的な、気楽なタッチに流れているわけでは決してないが、ムーディで柔らかくふくよかに繰り広げられる音楽には、理屈抜きに、誰の心をも引きつける明快な魅力が満ち溢れている。

バレエ的であるよりはコンサート的な発想に立脚した演奏であるが、その中庸を得た表現の聴きやすさがとにかく捨て難く、リズムが抜群に弾んでいるので、実に面白く聴くことができる。

もちろん、バレエとしての情景と舞曲の構成や、そのコントラストもよく引き出されているが、全体的にみれば、オーケストラルなレパートリーとしてのこの作品の魅力を、華やかに聴かせてくれる演奏と言える。

どの角度からみても、プレヴィンの力量のほどを物語るような安定した出来ばえを誇る内容で、誰にでも躊躇なくお薦めできる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:57コメント(0)チャイコフスキープレヴィン 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ