2007年09月

2007年09月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886〜1954)

1886年生まれ、鬼神のような演奏により絶対的な人気を誇るドイツの指揮者。ベルリン・フィル、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、ウィーン・フィルの常任指揮者を歴任。ヒンデミット事件やナチスの戦犯裁判など時代に翻弄された気の毒なエピソードを持つ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:35コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー 

2007年09月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

アルトゥーロ・トスカニーニ(1867〜1957)

1867年イタリアに生まれる。イタリア各地のオペラ座で名を上げ、ミラノ・スカラ座を中心に活動、さらにアメリカへも足を伸ばし、メトロポリタン歌劇場やニューヨーク・フィルの指揮台に立った。また1930年後半からはNBC交響楽団を指揮し、レコーディングを行ない85歳まで活躍。1957年没、享年89歳。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:29コメント(0)トラックバック(0)トスカニーニ 

2007年09月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908〜1989)

改めていうまでもない20世紀最大の指揮者。

極限にまで磨き上げられた美しい音楽性をもち、近代的で、しかも普遍的な魅力をもつオーケストラ美学を確立、数々の名演を聴かせて、世界の音楽ファン層を拡大、20世紀の音楽界に多大の貢献をした。

また録音・再生メディアにも関心をもち、最良の音質で自身の演奏を記録し続けたほか、演奏を映像作品として収録していくことにも積極的な関心を示し、その先駆者となった。

1908年ザルツブルグ生まれ。ウィーン音楽アカデミーで学ぶ。35年、アーヘン市立劇場の音楽監督に就任。43年までに23タイトルのレコードを録音。戦後、一時公開での指揮を禁止され、その間多くの作品を録音。56年ベルリン・フィルの芸術監督に就任。その後フィルハーモニア管弦楽団、ウィーン交響楽団、ミラノ・スカラ座等で絶大の権限を持つようになる。

1989年4月ベルリン・フィルを辞任、7月16日、ザルツブルクの自宅で81歳の生涯を閉じた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:21コメント(0)トラックバック(0)カラヤン 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ