2013年12月

2013年12月02日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



レコード芸術誌で、イギリスの批評家グレアム・ケイ氏が

「今月わたしはBBCレジェンズ・レーベルのある新譜に目を奪われました。1982年ロイヤル・アルバート・ホールで行われたBBCプロムスのコンサートをライヴ収録したうちの一つ、ジュリーニ指揮フィルハーモニア管の演奏するブルックナー交響曲第7番です。これぞまさしく、わたしが絶対に入手しなければならない一枚だったからです。...(中略)...このブルックナーの交響曲第7番には、ロイヤル・アルバート・ホールのたっぷりとした音響と、聴衆の手放しの熱狂、金管の2,3のミスが忠実に再現されています。しかし重要なことは、霊感の翼に乗って飛翔しているジュリーニを聴くことができる点にあるのです。」 

と賛意を呈するジュリーニのブルックナーの第7番。

さらに文中でグレアム・ケイ氏は、グラモフォン誌に掲載されたデリック・クック(マーラー10番補筆完成で有名)による以下のような評も引用していた。

「ジュリーニにはブルックナーの美徳のすべてがある。気品、ゆったりとした雄大さ、リズムのパンチ、感傷抜きの雄弁さ、そしてとりわけあの名状しがたい“精神性”」

このブルックナーは、1982年7月19日のステレオ・ライヴ録音で、音質は非常に良好。

遅めのテンポを基調に陶酔的なまでの旋律美を追求したジュリーニの様式に、ブルックナーの作品中でも飛びぬけた「美旋律の宝庫」というべき第7交響曲は、まさにうってつけのレパートリーだったのあろう。

耽美的なまでの“美”はいたるところに存在するが、やはり絶品は絶世絶美のアダージョ。

この美しくも哀しい情感に身も心もゆだねてしまったかのようなアダージョの美的音響は、他に例を思い浮かべることができない。

確かにウィーン・フィルを振ったDG盤(1986年)も名演だったが、カンタービレ表現に独自の様式を持つウィーン・フィルとは異なり、当盤は高性能ながらクセの少ないフィルハーモニア管弦楽団が相手だけに、ジュリーニの中空に雄大な弧を描くかのような旋律形成が100%生かされたものと思われる。

また、フィルハーモニア管弦楽団の明るい音色が、この美的世界に明朗なカラーを付与していることも事実で、これらすべての要素が実演ならではの熱をしだいに帯びて、ついに爛熟のきわみといいたい大音響に結実するあたりは、もう筆舌に尽くし難い。

ジュリーニ晩年の旋律耽溺とも言うべき解釈が、明るい日差しを受けて壮麗に開花した唯美的ブルックナーと言えるだろう。

余白に、40代だったジュリーニによるファリャ《三角帽子》からの2つの舞曲(1963年)と、ムソルグスキー《ホヴァンシチナ》前奏曲(1961年)を収録している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:09コメント(0)トラックバック(0)ジュリーニブルックナー 

2013年12月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



グールドとカラヤンという異色の組み合わせが話題を呼んだ、1957年のベルリンでの記念碑的なコンサートにおける歴史的な演奏の登場だ。

ジャケットのカラヤン、グールド2人のまだ若き時代の演奏家としての姿が印象的なCD。

本演奏はモノラル録音であり、音質も必ずしも鮮明とは言い難いが、本盤の登場は、その演奏の質の高さや歴史的な価値に鑑みて、大いに歓迎すべきである。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番であるが、これが意外にもまともな演奏であるというのに大変驚かされた。

聴く前は、グールドが何か聴き手を驚かすような奇手を講ずるのではないかと思ったのだが、そのアプローチは実にオーソドックスそのもの。

バーンスタインを辟易させるような超スローテンポで演奏した、ブラームスのピアノ協奏曲第1番とは別人のような正統的なテンポで、堂々たるピアニズムを披露している。

親しくもないカラヤンの前で萎縮したのかここでのグールドはエキセントリックさは影をひそめ、それがかえって青春の瑞々しい叙情を表現している。

カラヤンはいつもの流麗さだが、ライヴのせいか熱さでグールドに応えている。

帝王への道を駆け上がりつつあったカラヤンへの遠慮や崇敬もあったのかもしれないが、いずれにしても、重厚で立派な名演であることは疑いようがない。

ベルリン・フィルも、オーケストラの音色などにいまだフルトヴェングラー時代の残滓があった時期でもあり、壮年期のカラヤンによる気迫溢れる指揮とその圧倒的な統率の下、ベルリン・フィルが醸し出すドイツ風の重心の低い音色によって、グールドのピアノをしっかりと下支えしているのが素晴らしい。

本盤で惜しいのは、前述のように、録音が鮮明とは言えない点であるが、1957年という、今から50年以上も前のライヴ録音であるということに鑑みれば、致し方がないと言えるのかもしれない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:52コメント(0)トラックバック(0)グールドカラヤン 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤には、キーシンがピアノ演奏を行ったチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番とプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番が収められている。

協奏曲は、ピアニストだけでなく、指揮者があってこそはじめて成り立つことも考慮に入れれば、指揮者が異なるこのような演奏どうしのカップリングについては大いに問題があると言えるところであり、敢えて苦言を呈しておきたい。

いずれも名演であり、キーシンの個性があらわれているのはプロコフィエフの方であろうが、より優れた名演はチャイコフスキーの方である。

それは、何よりも、バックをカラヤン&ベルリン・フィルがつとめたというのが大きい。

本盤の演奏は、カラヤンのベルリンでの最後のコンサートとなったジルヴェスターコンサート(1988年12月31日)の直前に収録されたものとされている(加えて、ベルリン・フィルとのラスト・レコーディングにも相当する)。

もっとも、CDにはライヴ・レコーディングと表記されており、演奏終了後の拍手が収録されていることから、ジルヴェスターコンサートでの実演をベースにしつつ、一部にゲネプロでの演奏が編集されているのではないかとも考えられるところだ。

当時のカラヤンとベルリン・フィルの関係は決裂寸前。

そして、カラヤンの健康も歩行すら困難な最悪の状況であり、コンサートが行われたこと自体が奇跡でもあった。

それだけに、本演奏にかけるカラヤンの凄まじいまでの執念は、我々聴き手の肺腑を打つのに十分な迫力を有している。

1960年代や1970年代のカラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代の演奏のような、オーケストラ演奏の極致とも言うべき圧倒的な音のドラマはもはや本演奏においては殆ど聴くことができない。

そして、カラヤン自身の統率力にも衰えが見られるなど、演奏の完成度という意味においては随所に瑕疵が散見されると言わざるを得ないが、前述のような本演奏にかける凄まじいまでの執念と、そしてキーシンという若き才能のあるピアニストを慈しむような懐の深い指揮が、本演奏をして至高の超名演たらしめているのである。

テンポは極めてゆったりとしたものであるが、これはカラヤンが自らの波乱に満ちた生涯を、そしてベルリンで行った数々の演奏会を自省の気持ちを込めて振り返るような趣きもあり、本演奏は、カラヤンが最晩年に至って漸く到達し得た至高・至純の境地にある。

他方、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番は、バックがアバド&ベルリン・フィルだけに、キーシンの個性が全開である。

卓越した技量をベースとして、強靱な打鍵から繊細な抒情に至るまで表現力の幅は桁外れに広く、いかにもキーシンならではの堂々たるピアニズムを展開している。

アバド&ベルリン・フィルの演奏も、前述のカラヤンによる演奏と比較すると、長いトンネルを抜けたような軽妙さであるが、キーシンのピアノの引き立て役としては申し分のない名演奏を繰り広げていると評価したい。

音質は、従来盤でも十分に満足できる高音質である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:21コメント(0)トラックバック(0)キーシンカラヤン 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤に収められたチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、カラヤンの死の1年前のザルツブルク音楽祭でのライヴ録音である。

そもそもカラヤンによるライヴ録音というのが極めて珍しい存在であるのだが、それだけカラヤンも本演奏の出来に自信を持っていたことの証左ではないかとも考えられるところだ。

それにしても、1960年代から1970年代にかけてのカラヤン全盛時代の演奏に慣れた耳からすると、カラヤンの芸風のあまりの変わりようにはおよそ信じ難い気がするほどである。

本演奏には、手兵ベルリン・フィルを統率して、重厚で華麗ないわゆるカラヤンサウンドを駆使して圧倒的な音のドラマを構築していたかつてのカラヤンの姿はどこにも見られない。

ここには、自我を極力抑制し、ただただ楽曲の魅力を素直に引き出して、音楽のみを語らせていこうという真摯な姿勢だけが存在している。

これは、カラヤンの肉体的な衰えによるものなのか、それとも、カラヤン自身の芸風が大きく変化したのかはよくわからないが、ゆったりとしたテンポの中に、カラヤンがこれまでの波乱に満ちた生涯を顧みるような趣きさえ感じられるところであり、ここにはカラヤンが最晩年になって漸く到達し得た至高・至純の境地、そして枯淡とも言うべき境地が存在している。

このような崇高なカラヤンを指揮台に頂いて、ウィーン・フィルも持ち得る実力を最大限に発揮した、圧倒的な名演奏を展開しているのが素晴らしい。

ベルリン・フィルとほぼ決裂状態にあった傷心のカラヤンを、ウィーン・フィルがあたたかく包み込むような名演奏と言っても過言ではあるまい。

そして、ムターのヴァイオリンは実に個性的だ。

ハイティーンの頃に、カラヤン&ベルリン・フィルとともに、ベートーヴェンやメンデルスゾーン、ブラームスなどのヴァイオリン協奏曲を演奏した時とは別人のようであり、例によっていささかも線の細さを感じさせない骨太の演奏をベースとしつつ、随所にロシア風の土俗的とも言うべき思い切った表情づけを行うなど、楽曲の細部に至るまで彫琢の限りを尽くした超個性的な演奏を展開している。

かつてのカラヤンであれば、このような自由奔放な演奏を許容したかどうかはわからないが、本演奏においては、むしろ、ムターの順調な成長をあたたかく、滋味豊かに見守るような指揮を行っているとも感じられるところだ。

いずれにしても、カラヤンとその秘蔵っ子ムターの共演はこれが最後になったところであり、その意味でも本演奏は、このコンビによる掉尾を飾るに相応しい至高の超名演と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:32コメント(0)トラックバック(0)ムターカラヤン 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ