2021年05月

2021年05月31日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クレーメルとアルゲリッチのコンビでは、既にベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ2曲を聴いていて、特に『クロイツェル』の急速楽章があまりにも戦闘的な印象が強く、懐の深い普遍的なベートーヴェンとは言えず、多少違和感があった。

このシューマンの2曲でも、それほど期待していなかったが、意外にも互いに抑制を利かせた慎重なデュエットで、なかなかに深みのある演奏に仕上がっている。

主導権を握っているのは当然クレーメルだろうが、ピアノとのアンサンブルは緊密で、合わせも上手い。

シューマンの室内楽は、時としてテクニック的に難解であっても、演奏効果を上げるのが難しい。

彼らの演奏は余裕のある技術と幅広い表現力で、緩徐楽章でも弛緩しない緊張感が保たれている。

わりあい有名な第1番は、最初から情熱をほとばしらせ気迫に満ちているが、そこにロマン派特有の慰めや憧れに似たものもある。

規模の大きい、完成度の点ではより高い第2番が特に素晴らしく、熱気を見せているものの、もっと多様性を打ち出した演奏だ。

ここからは、精神の弛緩や狂気などよりも、むしろ天才的な音楽家の孤独の叫びや訴え、感傷、気負いが、聴く者のハートに直接飛び込んでくる。

2人とも技巧的に抜群なのは言うまでもないが、それだけに頼らず、シューマンの本質をとらえながら、現代的なスタイルの演奏を成功させている。

中でも第2番ニ短調の第3楽章は、アルゲリッチの音量を最小限に抑えた静謐な伴奏に乗るクレーメルのソロが冴え渡っている。

ベートーヴェンやブラームスはヴァイオリンを、メロディーを歌わせる楽器と捉えていることは彼らの作風を見ても良く理解できる。

彼らの協奏曲やソナタを聴けば、如何にカンタービレを重要視していたかが納得できるが、シューマンの場合ヴァイオリンは言ってみれば考える楽器で、より内省的な趣がある。

華やかなテクニックを駆使したり、演奏効果を上げるための奏法が使われることは殆どない。

そのために彼の協奏曲やソナタは、一流どころの演奏家にとってもスタンダード・レパートリーとは言えないが、実際にはこれほど本来の意味でロマンティックな音楽も少ないのではないだろうか。

録音は1985年で音質は良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:28コメント(0)シューマンクレーメル 

2021年05月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



まず、熱心な読者の方(S・Kさん)からメールが届いた。次の通り(抜粋)。

「和田さん,辻井伸行のラフマニノフ2番 (BBC)とショパン2番を未聴ならビデオで見て下さい。これはもう勇気100倍の感動ものです。後はメンデルスゾーンの弦楽八重奏曲を聴いて元気をもらいましょう。メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲はベルリン(ズスケ)+ゲヴァントハウスがピカイチです。フィナーレは圧巻です。他の演奏は録音が悪かったり,サロン的だったりします。」

ということで、辻井伸行のビデオは後回しにすることにして、早速メンデルスゾーンのディスクを取り出して聴いたのだが、ふとトスカニーニの同曲の録音を思い出して聴いてみて、以下の質問を返信した。

「たった今ズスケ&ゲヴァントハウスのメンデルスゾーン聴き終えたところです。私は特に第3楽章が気に入ったので、トスカニーニがこの楽章を録音していたことを思い出して聴きました。貴殿はヴァント以上にトスカニーニ嫌いのイメージがありますが、それはやはりオーケストラを罵倒してつくりあげた演奏だからでしょうか?」

以下、S・Kさんより
「おはようございます。流石に速攻ですね。また私が両端楽章を特に気に入っているのに対し,第3楽章と指摘するのも和田さんらしい。第1楽章は多彩な織物を縫い上げる様な感触が秀逸,フィナーレは気分が次第に高揚していく様で,落ち込んだ時は格好のカンフル剤です。第3楽章だけトスカニーニのオーケストラ版があることは知りませんでした。そのトスカニーニですが,オーケストラを罵倒して作り上げるとはいささか過言でしょう。トスカノーノ―と言われ,自分の気に入った歌手や奏者を重用することは問題ありですが。私が彼の演奏を嫌うのは即物的で,いつもアップテンポ。これではブラームスやブルックナーを聴く気になりません。私はLP期に彼のブラ1を持っていましたが,これがひどくてガッカリしたことが有りました。ところが徳岡直樹氏によるとトスカニーニが アップテンポになったのは戦後で,戦前は悠長で抒情的な演奏をする指揮者だったということです。従って,NBC期のトスカニーニは本来の姿ではないとの事。でも今更1930年代の演奏を聴く気にならず,今後耳を傾ける事は無いでしょう。」

以下、筆者のコメント
「私はまだLP期にトスカニーニを聴いた時、一聴して驚き、失望し、あきれた経験があります。情緒もへったくれもない、ギチギチのフレージング、せかせかとしたテンポ、うるおいのない硬い響き。こんな演奏の何がいいのか?その後トスカニーニをほめたり、推薦したりする文章を目にするたび、この輩は一体何を言っているのか、不思議でしかたがありませんでした。さらに彼らばかりでなく、歴史を振り返ってみても、トスカニーニの人気は凄いものだったらしく、あんな演奏を往時の聴衆が楽しんだり、興奮していたのだということが、私には全然理解できませんでした。しかし今は、私にとってトスカニーニは、もっとも大切な演奏家のひとりです。いくつかのきっかけがあって、しだいに彼の凄さに気が付いていったのですが、その過程で判ってきたことは、この指揮者ほど、誤解の罠がしかけられているひともいない、ということでした。簡単に言えば、戦後NBC響の録音を聴いて、かつての聴衆たちは熱狂していたわけではない、ということでした。あの音の硬さは、ひとつにはLPのマスタリングの悪さ(現行のCDはかなり音が聴きやすくなっています)と、そしてもうひとつには80歳をこえていたトスカニーニの、老人特有の性急さと耳の衰えがあいまって、生まれたものらしいのです。トスカニーニが元気だった70歳までの録音、つまり第2次世界大戦終了前後までの録音を聴いてみると、テンポが速いのは後年の録音とあまり変わらないのですが、しかしその速い進行のなかに大きなカンタービレがあり、また響きもずっと立体的で、とくに低弦にザワザワとしゃべるような迫力があるのです。これを聴いて、当時の聴衆は熱狂していたのです。どんな音楽を演奏しても、まるでロッシーニの序曲のように演奏してしまう、といわれたトスカニーニの圧倒的な生気とパワーは、この頃の録音にしかないのです。我々が彼の代表盤だと思って聴いている1950年代のベートーヴェンの交響曲全集とかヴェルディのオペラとかは、功成り名を遂げた老人の余生の演奏にすぎないのです。」

以上、S・Kさんより承諾をいただきエントリーした次第であるが、トスカニーニはメンデルスゾーンの八重奏曲を第3楽章のみでなく全曲録音していたのは知らなかった。早速ネット配信で聴いたがまさにカンフル剤!

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:06コメント(0)トスカニーニメンデルスゾーン 

2021年05月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1960年代の終わりからシェリングはハイティンク、コンセルトヘボウと共に一連のスタンダードなヴァイオリン協奏曲のセッション録音を始めて、その中には彼にとって2回目、あるいは3回目の録音になった曲目も少なくない。

シェリングのセンセーショナルなカンバック録音が1回目のバッハの無伴奏だったとしても、20世紀の新しい作品についてもかなりのレパートリーを持っていて、幾つかの先鋭的な解釈による演奏が遺されている。

このCDに収録されたバルトークの2曲は彼らの最初期のコラボになり、両者の意気込みが充分感じられる。

シェリングのディスコグラフィーを見る限りセッション、ライヴを通じて唯一の音源のようで、フィリップスの鮮明な録音で鑑賞できるのは幸いだ。

ヴァイオリン協奏曲第2番は第1楽章のカデンツァの前に微分音を使う部分も出てくるし、また長いカデンツァにもヴァイオリンの難解なテクニックが盛り込まれているが、シェリングはバッハの無伴奏さながら骨太で隙のない構成美を鮮やかに聴かせている。

ここではまた若き日のハイティンクが引き出すコンセルトヘボウの力強く華麗な色彩感も秀逸だ。

ラプソディー第1番はハンガリーの民俗舞曲ラッシュとフリッシュを対比させた比較的自由な発想で作曲され、民俗楽器ツィンバロムを加えたオーケストラの音響が如何にも野生的でエキゾチックな印象を与えている。

決して軽業的な演奏に陥らないのはシェリングとハイティンクの間の高度な遊び心によってバルトークの求めた純粋な音楽性と民俗的な情熱の発露に絶妙なバランスが維持されているからだろう。

ちなみにラプソディー第1番の初演者はヨーゼフ・シゲティで、バルトークは彼にこの作品を献呈している。

その事実はバルトーク自身にはこうした作品の民俗主義をことさら強調することは念頭になく、より普遍的な音楽としての再現を望んでいたことを物語っている。

その意味でシゲティはハンガリー出身のヴァイオリニストであったにせよ適任者だったと言える。

録音は1969年にアムステルダムで行われたものだが、残念ながらこのCDも製造中止になって久しく現在入手困難になっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:56コメント(0)シェリングハイティンク 

2021年05月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フリードリヒ・グルダの子息パウル・グルダとハーゲン弦楽四重奏団のコンピによる1枚。

このCDではシューマンの作品のなかでも明朗でロマン的な感情に溢れた名曲、ピアノ五重奏曲に挑戦している。

過去の数々の名盤のなかでも、決定盤といえる1枚と言える。

シューマンはある一つのジャンルにとり憑かれる様に、ある年に集中して同じ曲種の作品を書いた。

このディスクに収録された2曲、ピアノ五重奏曲変ホ長調及び弦楽四重奏曲第一番イ短調も同様で、1842年に作曲されている。

そのほかにもピアノ四重奏曲変ホ長調や弦楽四重奏曲第2番ヘ長調、同第2番イ長調も同年の作品だ。

いずれの曲もシューマン若き日の溢れんばかりの情熱と、新しいジャンルを開拓する意気込みが感じられる。

こうした作品はやはり円熟した演奏者より、若手の人達の解釈が相応しい。

ハーゲン四重奏団とピアニスト、パウル・グルダは、オーストリアの誇る演奏家である。

彼らの演奏は、この作品の録音の中でも最もドラマティックで、輝くような精彩に富んでいる。

テンポの設定も速めで、リズムを生かした躍動感は印象的だ。

ハーゲンは当初4人兄弟で結成されたが、このアルバムがレコーディングされた1994年には、第2ヴァイオリンはライナー・シュミットに替わっている。

いずれにせよ彼ら独自の若々しさがこの2曲からも感じられる。

ピアニスト、パウル・グルダは苗字から想像できるようにフリードリヒ・グルダの長男で、鬼才だった父親譲りの多才なアーティストだ。

録音当時は30代前半で、やはりエネルギッシュなピアノ・パートを聴かせているが、アンサンブル奏者としてもすぐれた腕前を示している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:05コメント(0)シューマングルダ 

2021年05月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シューマンはオペラこそ『ゲノフェーファ』一曲しか完成しなかったが、声楽と管弦楽が織りなす大規模な作品を三曲遺している。

それが『ゲーテのファウストからの情景』、『楽園とペリ』及び 『マンフレッド』だが、いずれも全曲演奏されることは稀な曲だ。

オペラのような視覚的な美しさや演技に頼る劇場用の音楽は、娯楽としての要素が多分にあるので、より高邁な舞台音楽を考えていたシューマンには馴染まないジャンルだったのかも知れない。

確かに『ファウストからの情景』も二時間ほどの大曲で、かなり哲学的な内容を持っているので、その点で苦痛に感じられる人も多いだろう。

しかし意外にも音楽は小難しいものではなく、リートでその驚異的な才能を示したシューマンだけにソロ、コーラスの扱いも巧みだ。

このディスクではベンジャミン・ブリテン指揮するイングリッシュ・チャンバーオーケストラが実力を発揮している。

ブリテンは抒情的な表現にとりわけ優れた腕前を見せているが、特に第三部の精神的な高揚はマリアヌス役のフィッシャー=ディースカウの歌う「ここは見晴らしの良い」での官能的とも言える、高度なテクニックと共に他の演奏では聴けない素晴らしさがある。

これは後のワーグナーの『タンホイザー』のヴォルフラムを髣髴とさせる、さながらオペラのアリアだ。

またグレートヒェンを歌うエリザベス・ハーウッドの良くコントロールされた輪郭のはっきりした声による歌唱も好ましいし、アリエル役のピーター・ピアースもフレッシュな表現で安定した役柄をこなしている。

録音は1972年で、音質は良好。

尚このCDは以前ドイツ・グラモフォンからリリースされた35枚組のシューマン・ザ・マスターワークスのボックスに加わっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:03コメント(0)シューマンブリテン 

2021年05月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブルージュ国際古楽コンクールの覇者、ベネデク・チャーログが1998年に同郷のチェンバリスト、レオン・ベルベンと組んだセッションで、このCDにはアルカンジェロ・コレッリの作品5の6曲のソナタが収録されている。

勿論コレッリにはトラヴェルソ用に作曲された作品はなく、オリジナルはヴァイオリンと通奏低音のための12曲のソナタ集だが、この曲集の当時の評判は非常に高く、出版後まもなくしてリコーダーやその他の楽器のための編曲版が出回るようになったらしい。

この演奏で彼らが採用したのは、18世紀にフランスで横笛用にアレンジされた編曲者不明の楽譜で、1740年頃にパリのル・クレルク社から出版されたものだが、ここでは教会ソナタ様式で書かれた前半の6曲のみが演奏されている。

ちなみに後半の室内ソナタ5曲はバス・パートの付かない2本の横笛用に編曲されていて、『ラ・フォッリーア』の主題による変奏曲についてはル・クレルク版には含まれていなかったようだ。

演奏形態は通奏低音の弦楽器を省いたトラヴェルソとチェンバロのデュエットの形を取っているが、チャーログの玉を転がすようなトラヴェルソの音色や切れ味の良いテクニックと、ベルベンのシンプルだが気の利いた即興が活かされた優れたアンサンブルに仕上がっている。

クイケン門下のチャーログはピリオド奏法でも師譲りの模範的で平明なスタイルを示していて、技巧に凝り過ぎない潔さとストレートな表現に好感が持てる。

使用楽器はトラヴェルソがG.A.ロッテンブルグ1745年モデルで、つげ材の感触がソフトで滑らかな美しい音色と、技巧的な部分での特有の軽やかさがある。

チェンバロは1681年製イタリアのジュスティ・モデルで古雅な響きの中にも溌剌とした表現が可能な楽器だ。ピッチは現代より半音ほど低いa'=415Hzのスタンダード・バロック・ピッチを採用している。

ハンガリー・フンガロトンからのリリースで音質は極めて良好。

チャーログ初期の無伴奏トラヴェルソ・アルバムやJ.Chr.バッハのソナタ集同様このCDも既に廃盤の憂き目に遭っているが、フンガロトンではフォーマットをMP3に移行させて販売を続けているようだ。

トラヴェルソで聴くことのできる数少ないコレッリのサンプルとして貴重な音源でもある。

ライナー・ノーツは19ページで曲目データ及び演奏者紹介が英、仏、独及びハンガリー語で掲載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:38コメント(0)コレッリ 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ