2021年07月

2021年07月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ダヴィッド・フレーはこれまでに2枚のシューベルトの作品をカップリングしたCDを出している。

カナダのアトマ・レーベルからリリースされた『さすらい人幻想曲』、そしてエラートからの『楽興の時』だが、彼は常にリリカルな感性を表出させることを試みている。

今回のソナタ第18番ト長調でも作曲家の歌心をウェットに捉え、豊かな音楽性を自由に羽ばたかせているようだ。

リヒテルの同曲を聴くと寂寥感が滲み出ているが、フレーのそれはそれはゆったりとしたテンポを取りながらも、天上的な長さを持つ第1楽章を深い陰影が交錯するような詩的な美学で弾いている。

また愛らしい小品『ハンガリー風メロディー』でもニュアンスの豊富さと、殆ど映像的でセンチメンタルな描写が美しい。

フレーは鍵盤への微妙なタッチによって反応する音色の変化に極めて敏感に、そして音色とアゴーギグの対比によって音楽自体を再構成していく。

ここでも丁寧に紡ぎ出すようなまろやかな音が、あたかも印象派の画家達によって描かれた、揺らめく木漏れ日や樹木のつくる陰影のように移り変わる。

言ってみればフレーの演奏はシューベルトの音楽の内部に彼自身が見いだした、時代を先取りした視覚的で、しかも密やかに語りかけるような音のポエムを生み出しているのだ。

こうした細やかな感性に溢れた表現は、いわゆる大曲をまとめるには不向きかも知れないが、シューベルトのように尽きることのない歌謡性とファンタジーに満たされた音楽にはとりわけ魅力的で、また心地よい安らぎを与えてくれる。

決してこじんまりとした表現ではなく、時にはオーケストラを髣髴とさせるようなスケールの大きさや輝かしさも欠いていない。

テンポの取り方はかなり柔軟で、既に聴き慣れた曲でさえも新しい音楽を聴くような新鮮な印象を残している。

後半ではフレーのパリ音楽院時代の師、ジャック・ルヴィエを迎えてシューベルトの4手のための作品2曲を演奏している。

曲目は幻想曲ヘ短調及びアレグロイ短調『人生の嵐』で、彼らの連弾には聞えよがしの強いアピールはないが、抑制されたインティメイトな雰囲気の中に変化にとんだタッチのテクニックを駆使して、シューベルトがサロンや家庭音楽会で求めたような、味わい深い音楽を引き出している。

低音部を受け持つルヴィエも流石に巧妙で、フレーの構想する作曲家の歌謡性や物語性を心地良くサポートしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:41コメント(0)シューベルト 

2021年07月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スイスの生んだ名バッソ・ブッフォ、フェルナンド・コレナ・モーツァルト・アリア集の復刻盤である。

前半が1952年のモノラル録音によるオペラ・アリア集、後半が1960年のステレオ録音でオーケストラ付き演奏会用アリア集。

コレナはバッソ・セリオの役柄も器用にこなしたが、彼の十八番は何といっても観衆を抱腹絶倒させるブッフォのキャラクターで、50年代から60年代に国際的なオペラの舞台で最も人気のあった歌手の1人だ。

幸い『セヴィリアの理髪師』のバルトロ、『愛の妙薬』のドゥルカマーラ、『ドン・パスクァーレ』のタイトルロールなどは全曲盤が残されている。

このディスクはオール・モーツァルト・リサイタルで、『フィガロ』ではフィガロとバルトロの両方の役を歌っていて、『魔笛』ではザラストロが意外なところだ。

演奏会用アリア集は、コレナのスタイリッシュな歌唱が曲によっては裏目に出て、多少くどい印象を与えている。

例えば『この美しい手と瞳に』はコントラバスの超絶技巧のオブリガートが付く美しいアリアだが、この曲に関しては彼の同僚だったチェーザレ・シエピのふたつのライヴ録音がイタリア風のカンタービレの手本を示したような演奏で、現在に至るまでベストだろう。

またコレナに一番合っていると思われる『男たちはいつもつまみ食いをしたがる』が何故か入っていない。

彼の喜劇役者としての才能は傑出していて、頑固でケチ、好色で間抜け、知ったかぶりの権威主義者など最も人間臭い性格の役柄では右に出るものがいなかった。

舞台上ではしばしばとっちめられてひどい目に遭うが、コレナの演技はドタバタ喜劇になる一歩手前で踏みとどまっている。

それは彼があくまでも主役を引き立てる脇役であることを承知していたからに違いない。

現在コレナのような強烈な個性を持ったバッソ・ブッフォが殆ど皆無なのは演出上、一つの役柄に突出した人物が求められなくなったことや、指揮者が歌手のスタンド・プレイを許さなくなったことなどが考えられる。

その意味ではオペラ歌手たちが自由に個性を競い合っていたオペラ黄金期の最良のサンプルと言える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:28コメント(0)モーツァルト 

2021年07月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この録音を最初に聴いたのは伊リコルディ・レーベルのLPだったが、音質が意外に良いステレオ録音でキャスティングも当時のスター歌手を集めた、豪華な美声の饗宴を堪能したものだ。

1950年代後半に入るとレコーディングの技術水準も日進月歩で、オペラの劇場的な臨場感を感知させる全曲盤も相次いだ。

この『ルチア』は1959年の録音で、確かにステレオ黎明期特有の多少あざとい分離状態があるにせよ、鑑賞には全く支障がない。

なによりも歌手陣が充実していて、全盛期のレナータ・スコット、ジュゼッペ・ディ・ステファノ、エットレ・バスティアニーニが繰り広げるドラマは、現在の神経戦のような『ルチア』とは異なった、本来の声による演技を知っていた歌手だけができる白熱した舞台を髣髴とさせる。

『ルチア』と言えばマリア・カラスの十八番だったレバートリーで、彼女は2回のセッション録音をEMIに残したが、1回目はモノラル録音で演奏はディ・ステファノ、ゴッビと共に素晴らしいが音質がやや貧弱だ。

2回目はステレオ盤だが、名歌手タリアヴィーニは既に峠を過ぎ、新鋭だったカップッチッリにはまだ悪役になり切れないところがある。

尚テノールがアルフレード・クラウスに替わる『リゴレット』もお薦めしたい。

私は残念ながらバスティアニーニを実際の舞台で聴くことができなかった。

彼はあまりにも早く亡くなってしまった。

しかし彼がものしたレバートリーはどれも成熟していてバリトン歌手の貫録を持っていた。

スコットとディ・ステファノは幸い何回かライヴを聴くことができたが、スコットのコロラトゥーラは非の打ちどころがなかった。

カラスのような凄みのある声質ではなく、あくまでもイタリア的な明るい美声で歌い切る『ルチア』もまた感動的だ。

初夜の晩に夫を刺殺し、宴会場に現れる狂乱の場はフルートとのデュエットだが、綱渡り的なコロラトゥーラ・ソプラノのテクニックがちりばめられていて恐ろしいばかりのクライマックスを創り上げている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:38コメント(0)ドニゼッティ 

2021年07月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘルムート・ヴァルヒャ(1907-1991)の没後30周年でリリースされたアルヒーフ、ドイツ・グラモフォン及びフィリップス音源の集大成32枚になる。

EMIから彼のバッハ・チェンバロ作品集13枚組が出た後、オルガン音楽全集が期待されていただけにタイムリーな企画だ。

ライナーノーツにはリマスタリングの記載が見当たらないので、従来のマスターを使ったようだ。

既出盤と聴き比べてみたが、確かにステレオ録音の方の音質は全く変わっていない。

一方モノラル音源に関しては、以前メンブランから出ていた10枚組の第1回目の録音集より雑味が取れバランスの良い音質になっている。

同音源には違いないが明らかに異なるマスターだ。

このセットでは2種類のバッハ・オルガン音楽全集と楽器指定のない未完の大作『フーガの技法』、シュニットガー・オルガンの即興デモ演奏、バッハ以前の北ドイツ・オルガン楽派、ブクステフーデ、リュベック、シャイト、ブルーンス、トゥンダー、ベーム、パッヘルベルの作品を集めた3枚、そしてチェンバロ演奏では4曲のデュエット、ピリオド楽器を使った2度目の『平均律』全曲及びセッションでは唯一の共演でシェリングとの6曲のヴァイオリン・ソナタが含まれている。

更にはヴァルヒャが19歳の時にライプツィヒ聖トマス教会合唱団の歌う『主よ、汝に向かい』BWV452のイントロダクションを弾いた初出音源が加えられている。

この時期彼はバッハの鍵盤音楽全曲の暗譜を決意し、その願望は40歳の誕生日に見事に達成された。

中でも興味深い演奏は、ヴァイマール近郊カペルの街のシュニットガー・オルガンのデモンストレーションだ。

名工アルプ・シュニットガー製作のオルガンの多彩な音色と表現力を紹介するものだが、最初にレジスターの組み合わせがアナウンスされ、ヴァルヒャがその音色に相応しい音楽をそれぞれ短い即興演奏で聴かせる。

これは今まで一部の全集にしか収録されていなかったので、インプロヴィゼーションの大家でもあった彼の貴重なサンプルだ。

また今回のライナーノーツには使用楽器が詳しく説明されている。

オルガンについては写真も掲載されているが、例えば4曲のデュエットのチェンバロ版はユルゲン・アンマーのモダン・チェンバロ、『平均律』は第1巻がヤン・ルッカース(1640年)、第2巻はジャン=アンリ・エムシュ(1756年)のそれぞれ二段鍵盤のヒストリカルを修復したものである。

ヴァイオリン・ソナタはパスカル・タスカン(18世紀)を内側の絵画まで忠実にコピーしたピリオド楽器になる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:54コメント(0)ヴァルヒャ 

2021年07月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジョン・エリオット・ガーディナー率いるオルケストル・レヴォルショネール・エ・ロマンティクの明快な演奏が面目躍如のシューマンのオーケストラル・ワークとヴォーカル・ソリストとコーラスが加わる大作『楽園とペリ』の5枚組ボックス。

シューマンがオーケストラ・パートを作曲する時に、常にオーケストレーションに苦心していたことは良く知られている。

それをある批評家はシューマンの作曲上の欠点だと指摘する。

確かに彼の管弦楽のサウンドは同時代の作曲家、例えばメンデルスゾーンなどに比べて平明でなく、特有の渋さがあるのも事実だし、アバドのように最晩年迄シューマンに手を染めなかった指揮者もいる。

しかしガーディナーの演奏はそうした不透明さを払拭した独自のバランスを開拓している。

更に奏法をピリオド奏法に近づけて、解かり易いサウンドとして響かせているところに特徴がある。

またリズムも生き生きとして、それぞれの作品の輪郭をくっきりと描いている。

シューマンに哲学的な難解さを求める人には意外かもしれないが、一つの解釈として納得できるものだ。

4曲の交響曲の他にホルン・ファンには聴き逃せない4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥックが収録されている。

ホルニストはロジャー・モンゴメリー、ゲヴィン・エドワーズ、スーザン・デント、ロバート・マスケルで、ソロを前面に出した快活で勇壮な響きが心地良い。

『楽園とペリ』はめったに演奏されないレバートリーだが、長い作品を几帳面に、しかも音楽的な簡潔さで聴かせている。

コーラスはモンテヴェルディ合唱団で、彼らの機動力がここでも生かされている。

ソリストの中では、バーバラ・ボニーのペリが出色。

録音は1997年で音質は極めて良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:56コメント(0)シューマンガーディナー 

2021年07月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



4枚のCDのうちの今回初CD化が10曲あり、これまで聴けなかったドラティのレバートリーを楽しむことができるのは嬉しい。

但し初出時のLP盤と聴き比べると音質の鮮明さ、キレ味という点でいくらか分が悪い。

これは新規にリマスタリングしたエロクエンスの方に原因があるのかも知れない。

当時のマーキュリー・リヴィング・プレゼンスのクリアーな音質と臨場感が充分に生かされていないのは残念だ。

これはミネアポリス交響楽団との1953年のモノラル録音、モーツァルトの第40番にも言える。

オーケストラにやや乱れがあるものの、全体的な推進力はドラティらしく好演だが、分離状態が明瞭でない。

ドラティはハンガリー動乱でドイツに亡命したハンガリーの演奏者達とフィルハーモニア・フンガリカを創設して、世界初のハイドンの交響曲全集をレコーディングした。

このセットには第94番『驚愕』と第103番『太鼓連打』の2曲が収録されている。

このオーケストラ自体既に解散してしまったので貴重な記録でもある。

アンタル・ドラティは指揮者、作曲家、ピアニストでもあったがナチスに追われてハンガリーから英国、アメリカと活動拠点を変えた。

オーケストラ・ビルダーとしても優れた腕を持っていて、第1曲目のモーツァルトの交響曲第40番を聴けば、現ミネソタ管弦楽団の黎明期のサウンドをイメージすることができる。

その他にもダラス交響楽団、ナショナル交響楽団、デトロイト交響楽団などを第一級のオーケストラに練り上げた功績は大きい。

英国ではBBC、ロイヤル・フィルハーモニー、ロンドン交響楽団との共演が多かったが、このセットにはロンドン交響楽団とのハイドン、モーツァルトの作品を堪能できる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:30コメント(0)ハイドンモーツァルト 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ