2007年10月08日

クラシック音楽の様式と演奏家


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

演奏家はどんな音楽でも、自らの感覚と精神を通したうえで全体を把握し、細部を創り上げてゆかねばならない。クラシック音楽は様式と精神の芸術だからである。

しかし、様式という合理的なものは、あくまで音楽の筋骨であり、精神が生み出すドラマという形而上のものが秘められているからこそ、音による造形の積み重ねが、緊張と明晰さを保ちながら感動的な芸術となるのである。

演奏家のテクニックと表現力は、そういった意味で、自らの個性を音楽に生かすためにあるのだと言わねばならない。

そしていかなる音楽もまず自分の内面で見つめ、自分の納得した表現によって、演奏する態度は、演奏家としての自覚と良心に基づくものに違いあるまい。

音楽評論家を「馬鹿」呼ばわりするフジコ・ヘミングさんもちょっとその辺のところを理解してもらわないと…、大味と評されても仕方がないでしょう。

私は様式の枠いっぱいに演奏者の豊かな個性が充満する演奏を、今は亡き名演奏家たちの遺産からではなく、いま時代を共有しているアーティストから享受したいのである。


ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:58コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ