2007年10月11日

カラヤン


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーの後にベルリン・フィルを引き継いだ、ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908〜1989)は、純粋に彼の音楽性云々、音楽的側面だけでは語ることのできない次元でマス・メディアを揺り動かす、強力な政治的存在だった。

彼の芸術性を云々する以前に、彼とベルリン・フィルの存在それ自体が西欧文化の優位性の象徴だったのである。

特に、彼の活躍した時代は、大衆のニーズが途方もなく拡散してく情勢にあったので、彼の使命は大衆をクラシック音楽に注目させ、ビジネスとして確立することであった。

そして「カラヤン美学」称される、近代的で普遍的な魅力をもつオーケストラ美学を確立し、幅広いレパートリーの全てにわたって第一級の名演を聴かせ、世界の音楽ファン層を拡大し、前世紀の音楽界に多大な貢献をした。

カラヤンの演奏を「体の良い通俗化」という輩もいるが、そうではない。

また彼は決して単に大向こうをうならせる効果を知っている芸人であるのではなく、作品の価値を正しく表現し、精神的な内容を聴衆に伝え得る大芸術家なのである。

カラヤンの芸術性については多くを論ぜられたが、ここではその点に立ち入ることは控えたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:38コメント(0)トラックバック(0)カラヤン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ