2007年10月13日

フルトヴェングラーとその名盤


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



前記したように、フルトヴェングラーが生きた時代は、ベートーヴェンに代表されるような、頂点に向かって進む音の有機的生命が音楽構造の根本にあり、そうした時代が終焉を迎えつつあった。

フルトヴェングラーはその生命体を時代の証言として音化したのであるが、それでいて彼の表現は時代を超えていた。なぜなら人間の魂の起伏を音にして託したものであったからである。

しかも彼の創り出す音楽の背後には無限の深さを感じさせた。

歴代の名演奏家といえども、彼らの演奏スタイルは時代とともに古くなる運命にある。

フルトヴェングラーは何といっても、身をもってスコアの中に入り込み、作曲者の心と一体となり、同じ水準で「追体験」し、新しい音楽に再創造した。そういった方法で勝負したのは彼を除いて誰一人いなかったのである。

興味を持たれた方にはまず彼のワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」をお薦めしたい。彼が生前スタジオ録音した正規録音のなかではこの「トリスタン〜」が最も素晴らしい。官能と陶酔がいつの間にか崇高な法悦と浄化にまで昇華していく。彼のワーグナー演奏の秘法が、ここにあますところなく示されているのである。それにこのCDでは、録音状態の悪いものが多い彼の録音にしては珍しく、細部のニュアンスや全体のディナーミクの躍動を格段に鮮明に聴くことが出来る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:32コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー | ワーグナー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ