2007年11月06日

考察


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

クラシック音楽芸術を考察するにあたって、まず古くから人間は芸術とどのような関わり方をしてきたのかということについて、私なりに常々クラシック音楽芸術を鑑賞しながら考えていることを述べてみたい。

古代、芸術とは、人間の精神性のやむにやまれぬ発露であった。様々な形を結びながら、そこに巧まずして一個の全一なるものを象徴するものであった。

確かに個々の芸術活動は限られた空間内での営みであったかもしれない。しかし芸術に参加する人々の魂には、自らの活動を通じて、宇宙的生命ともいうべき全一なるものとつながり、一体化せんとする希求が脈打っていた。

つまり、自分というミクロな世界が、宇宙というマクロな世界へと融合しつつ、造り出されるダイナミックな生命体 ― 人間は物質的な生活においてパンを欲するように、精神面においては、そうした全一なるものに浸り、それを呼吸し、蘇生の活力を引き出そうとすることを生き方の機軸としてきた歴史である。

パンが肉体の新陳代謝に不可欠であるように、芸術もまた、そのもたらす高揚作用は、カタルシスとなって、心の新陳代謝になくてはならぬものであったわけである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:57コメント(0)トラックバック(0)芸術に寄す  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ