2007年11月12日

まとめ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ともあれ現代は、人類史上空前ともいうべき、試練と変動の時代を迎えているのである。そうしたなかにあって、多くの人々の心が内面へと向けられていることも明らかである。

晩年のヴァレリーは不気味な軍歌の音をききながら、精神連盟のために奔走した。「創造的生命」の開花、発現は人間の内面的変革を通じ、必ずやそうした精神連盟、精神革命、に大きな道を開いてゆくであろう。

それはまた、芸術をはじめ、人間の全ての営みを活性化させてゆく源泉となりうることも間違いはないと、私は信じている。

(注)ポール・ヴァレリー (1871年10月30日 - 1945年7月20日)フランスの作家、詩人、小説家、評論家。多岐に渡る旺盛な著作活動によってフランス第三共和政を代表する知性と称される。


ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:09コメント(0)トラックバック(0)芸術に寄す  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ