2007年10月20日

即興とは


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

即興とは閃きである。それは本番の時に現れやすいが、すでに完成に近い練習の時にも現れることがあるという。

リハーサルで、種々にテンポをとり、ある部分のルバートを大きくしたり小さくしたり、あるいは間を長くとったり短くとったりするのは、一つの試みであって即興ではない。

即興の才能のある演奏家にとって、それは演奏中に突如閃く、というよりも、ごく自然に、かつ神秘的に変化する。

クレッシェンド、デクレシェンド、スフォルツァンドなど、いろいろな表情をつけるように指示された部分を、瞬間の天啓によって、弱音のまま無表情で流したり、イン・テンポの音楽の途中で急に遅いテンポをとってみたり、今まで考えてもみなかった間が突然出現したり、まことにさまざまである。

これはスコアを見ながらフルトヴェングラーのライヴ録音の同曲異演盤を聴き比べれば、その即興の一回性が手に取るようにわかる。

即興が現れた瞬間の指揮者と楽員との間に通じる心の通い合い、信頼の深さは当事者でなければ絶対にわからないと思うが、そのハッとするような霊感は客席にも伝わって、聴く者を感動させるのである。

また、こうして生まれた表情がその曲に定着してしまうことも、フルトヴェングラーの同曲異演盤を年代順に追ってみるとしばしば見受けられるのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:48コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ