2007年10月21日

フルトヴェングラーの生きた時代


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

繰り返しになるが、フルトヴェングラーの活躍していた時代は一口に言って、ベートーヴェンが太陽のような中心的位置を占め、それを取り巻くようにシューベルト、シューマン、ワーグナー、ブラームスといった天才たちがその周りを惑星のように回転しながら、輝かしい音楽の太陽系を形成するといった価値の体系に支配されていた時代であった。

彼はその価値の体系の正当性を証明する巨大な大黒柱のような存在であった。そんな時代にあって、他の同世代の指揮者たちの多くは、爛熟したロマン主義の影響で、取り上げる作品を自分自身の個性を華々しく発揮するための戦場かなにかのように、自己の主観的な解釈を持ち込んでいた。

その反動として、自己の主張を控え目にして、作品を客観的に捉え、本来あるがままの姿で再現することに専念すべきだ、という思想が次第に勢力を拡げつつあった。それは当時のいわゆる「新古典主義」である。

彼らのなかで、音楽は音の遊びであり、音を数学的秩序で組み合わせたものこそ音楽であるという美学が誕生し、それに応じ、演奏とは楽譜にかかれた通りを正確に音に実現するのが基本的任務であり、それ以上でもそれ以下でもあるべきではない。という考えが力を強めつつあった時代でもあった。


ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:35コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ