2007年10月23日

指揮者


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

指揮者というのは、ただ棒を振っているように見えるが、実は指揮台に立っているだけで、オーケストラの音色を変化させてしまうほどの力があるというのが事実のようである。

これはなにもベルリン・フィルだけではない。日本のオーケストラでも、あるいはアマチュアの団体でも同じことらしい。ほんとうに不思議な事実である。

私がこれまでに聴いた指揮者の中で、フルトヴェングラーは他の誰よりも深く、温かい響きをオーケストラから引き出していた。「切れば血のでるような」といいたいその響きは、彼の表現力や指揮法からも生まれ、二重、三重の効果となって聴衆に迫ったのである。

テーリヒェンは、「私は、彼ほどその演奏解釈が何の妥協もなく主観的である指揮者に二度と出会っていない。作曲家の意図した表現を可能な限り真正に解釈することが彼のやり方ではあっても、そこで自分の個人的な見解を主張するのに彼は何のはばかりもなかった。」と書いている。

これは現代の即物主義や客観主義とは相容れないやり方である。




ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:19コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ