2007年10月31日

真性さ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

ここで一応便宜的に彼の音楽表現を「内的側面」と「外的側面」に分けて考えてみたいと思う。

「内的論理」というのは、フルトヴェングラーの音楽の内在的な論理とそれを支える彼自身のそうした論理の意味付けの仕方を意味し、「外的側面」は、フルトヴェングラーの体現する音楽の論理が当時の時代状況の中で帯びなければならなかった社会的、歴史的文脈を意味する。

「内的側面」からみたとき、フルトヴェングラーの音楽の論理は19世紀の教養市民文化の最も良質な伝統につながるものとみることができる。

すなわち、19世紀の教養市民文化の興隆に一方では支えられつつ、他方ではそうした近代市民社会の「啓蒙」的性格への対抗的原理としての「内面性」や「文化」、精神の「真性さ」への志向をその中に含む、近代ドイツ特有の精神文化のスタイルとしての教養市民文化こそが、フルトヴェングラーの音楽の前提であった。


(注)「真正さ」…フルトヴェングラーは、批判的な自由な思想態度が確立し、普及した文化のなかにあって、「芸術作品とは閉ざされた世界、他に依存しない世界であり、開かれた世界、つまり評価する知性の世界は、すぐれた芸術作品の価値を正しく把握しえない。」と考えていた。


ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:45コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ