2007年10月31日

教養市民文化


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



例えば、ベートーヴェンについて彼の著書『音と言葉』(新潮社版)の中で次のように述べている。

「あの嵐のただ中、あの怖るべき感動のただ中においてすら、― なんという鋼鉄のような冷静と透徹、なんという仮借のない自己抑制への意志、あらゆる素材をその最後のどんづまりまで押し詰めて形成せずにおかぬ意志が支配していることか!なんという比類のないすぐれた自己鍛治であることか!― このような無条件な情熱の中へ突入する欲望を持ち合わせていながら、― しかも彼のようにかくも深く「法則」を体験した芸術家は、かつてあった例がありません。」

フルトヴェングラーにとって、ベートーヴェンがかけがえのない存在であったことをまず思い起こさなくてはならない。今触れた19世紀教養市民文化の聖なるシンボルとなったのは何よりもゲーテであり、シラーであり、そしてベートーヴェンであった。

というのも、彼らの芸術の中に孕まれている形式と内容(精神)の調和、市民的公共性と内面的なものの融合、そしてそうした調和、融合の核をなす自己陶治=教養の要素といったものがそのまま教養市民文化の基底をなしているからである。


ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:51コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー | ベートーヴェン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ