2007年11月12日

新鮮なピノックとガーディナー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

      

続いて、トレヴァー・ピノック指揮、イングリッシュ・コンサート。

このオーケストラの魅力は、何といっても躍動感溢れる、生き生きとした演奏を聴かせてくれることだろう。特に、一連のバッハ音楽の躍動に満ちた演奏、ヴィヴァルディの明るく切れ味の良い演奏、ヘンデルの合奏協奏曲などの質の高さは光っている。

ホグウッド、ピノックのオーケストラ以上に見事なのは、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、イギリス・バロック・ソロイスツ。

このオーケストラは、ガーディナーの大きな包容力によって、実にあたたかい、しかも喜びに溢れた音楽を作り出す。

特に、モンデヴェルディ合唱団を加えた、ヘンデルのオラトリオやパーセルの作品の演奏が素晴らしい。その後バッハの一連の大作宗教曲で、その実力を申し分なく発揮している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:43コメント(0)トラックバック(0)ガーディナー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ