2007年11月13日

バロックオーケストラの結成


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

       

1970年代の後半から、オリジナル楽器によるオーケストラ、いわゆるバロックオーケストラの結成が相次いだ。

例えば、トン・コープマンのアムステルダム・バロックオーケストラ、クリストファー・ホグウッドのアカデミー・オヴ・エンシェント・ミュージック、フランス・ブリュッヘンの18世紀オーケストラなどである。

それまで、室内楽にとどまっていた古楽器奏者たちが、時代とジャンルの新たな可能性を求めて、様々な分野に着手しはじめていた。

オーケストラの分野だけでなく、バロックオペラの領域などに、器楽、声楽、舞踏、演劇、時代考証などの隣接する分野の共同作業のもとに、単に音楽を欲するのでなく、音楽空間ひいてはバロック空間を再構築しようという動きである。

1960年代以降の名手たちの活動による第2次古楽ブームでは、現代に生きる音楽としての「古楽」の位置が確実となった。

それには、古楽器の名手たち、例えば、レオンハルト、アーノンクール、クイケン兄弟、F・ブリュッヘン、トン・コープマンらのそれぞれの音楽性と魅力も大きな力となったことは言うまでもない。

もちろん、特に日本では、営業的には、ミュンヒンガーやイ・ムジチやパイヤールが、バロックブームの主導権を握り、多くの観客を動員したのであるが。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:08コメント(0)トラックバック(0)ブリュッヘン | パイヤール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ