2007年11月15日

「モーゼとアロン」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

「クラシック名盤 この1枚」(光文社)の佐藤眞氏によるシェーンベルクの「モーゼとアロン」の項を読んだ時は衝撃的だった。氏の傾倒ぶりは以下の文に要約されている。

「私がこのレコードを最高のものとするわけは、シェーンベルクのオペラ『モーゼとアロン』がおよそこの世でもっともすぐれた作品であり、またロスバウトが指揮したこの演奏が、そのことを余すことなく伝えてくれるからに他ならない。」

私は前に西洋音楽史上最も優れた傑作としてマーラーの交響曲第9番第1楽章をあげたが、まさかシェーンベルクを筆頭にあげてくる人がいるとは想像つかなかった。

私は自らの耳で確かめようとロスバウト盤を求めたが入手できなかった。仕方がないので、佐藤氏が批判するブーレーズ(旧盤)とケーゲルを買って、じっくり聴き込んだ。

しかし、私の耳には「およそこの世でもっともすぐれた作品」とまでは聴こえなかった。12音技法に慣れないせいもあるのだろうと思って、何度も繰り返し聴いたが、さすがに佐藤氏の傾倒ぶりを理解するには至らなかった。

次回からはその「12音技法」について私なりに考察してみたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:14コメント(0)トラックバック(0)シェーンベルク  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ