2007年12月02日

エーリッヒ・クライバー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

エーリッヒ・クライバー(1890年8月5日〜1956年1月27日)はオーストリアのウィーン出身で20世紀前半を代表する指揮者の一人。指揮者のカルロス・クライバーは息子。古典派から新ウィーン楽派までの作品で、引き締まった演奏を聴かせた名指揮者であった。

親子で指揮者として名声を博した例も珍しい。上にあげたボロディンで親子の芸風を聴き比べるのも一興であろう。

エーリッヒの名盤で入手しやすいものは上にあげたが、中でもモーツァルトの「フィガロの結婚」とリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」が出色だ。

「フィガロ」でのエーリッヒ・クライバーの音楽は優美で柔らかく流麗だが、それはいわゆるウィーン・スタイルといった概念で規定されるような、ある固定した既存の様式の継承ではなく、あくまでもエーリッヒ・クライバー自身の個性的な劇的表現の結果としてのものである。歌手ではシエピのフィガロが最高のイタリア式モーツァルトを聴かせており、これを聴くだけでもこの録音の存在価値は不滅である。

「ばらの騎士」は1956年のカラヤン盤と並ぶ古典的名盤だ。推進力と優雅な呼吸に満ちた音楽運びのエーリッヒ・クライバーの指揮の下、黄昏の美しさを秘めたライニングの元帥夫人、理想的なオックス男爵役のヴェーバー、可憐なギューデンのゾフィー、そしてユリナッチのあまりにも美しいオクタヴィアンなど、数々の名唱は今日でもその輝きを失っていない。

これらはエーリッヒ・クライバーと名歌手たちの偉大な芸術的遺産であると共に、1950年代のウィーン・オペラ界の貴重な記録でもある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:45コメント(0)トラックバック(0)クライバー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ