2007年12月04日

ラトルのマーラー「復活」&「悲劇的」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

ラトルのマーラー交響曲全集を聴いたが、比較的初期に録音された第2番「復活」と第6番「悲劇的」が印象に残った。

壮麗かつ豪快な「復活」だ。マニエリスム的とさえいえるようなデフォルメが施され、ラトルのマーラー解釈が存分に発揮されている。

第2楽章は若々しい表現で、柔軟な響き、第3楽章ではきめの細かい起伏、オーケストレーションの色彩の変化が鋭く表出され、ラトルの才能をうかがわせる。

独唱者2人も素晴らしい選択で、特にベイカーの第4楽章でのソロが印象深い。合唱団もまたよく歌っている。

「悲劇的」も推進力が強く、すこぶる若々しい演奏だ。

第1楽章は表情が開放的でなめらかで、第2楽章も素晴らしく抒情的でみずみずしく、柔らかい表情である。

第3楽章は快適なテンポとその変転にラトルの創造性を感じさせるが、終楽章がことに素晴らしく、驚異的な名演と感じられる。

ラトルの鋭敏な感性は、マーラーの楽想を深い理解をもって豊かに表現しており、すべてに説得力が強い。

この作品の注目すべき個性的な秀演である。

ちなみにラトルは通常の第2楽章と第3楽章を逆に配置している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:12コメント(2)トラックバック(0)マーラー | ラトル 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by かわいなうしか   2009年03月21日 21:22
印象に残った。
というところが、印象に残って楽しく読みました。楽章を2から3と逆に配置というのは初めて聞いたので驚きました。実際の演奏会でもこのように逆に配置、演奏されることもあるのですか?
2. Posted by 和田   2009年03月22日 04:57
あると思います。バルビローリも第2楽章と第3楽章を逆に配置してのライヴ録音が残されています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ