2007年12月13日

ケーゲル&ドレスデン・フィルのマーラー:交響曲第1番「巨人」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

マーラー第1番の演奏には、たとえば、ワルター盤、バーンスタイン盤など名盤が目白押しで、初めて聴いたのはアンチェル盤であったが、実は筆者が最もよく聴くのが、このケーゲルのCDである。

ケーゲルは、一部クラシックマニアの間でカルト的な人気を誇っていて、彼らに絶対外せないのが、ビゼーの「アルルの女」組曲とヴィヴァルディの「協奏曲集」、そしてかつて駅で売っていた安売りCDに1曲だけ収録されている「アルビノーニのアダージョ」である。

聴いた人はすべて「なぜ自分は生きているんだろう?」と問いかけ、死を考えるという暗い演奏ばかりで、落ち込んでいるときに聴いたら危険な音楽なのだ。

それ以外にも、マーラーの第4番、ベルリオーズの「幻想交響曲」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」、ベルクの救いのないオペラ「ヴォツェック」、ドイツ語版で不思議なビゼーのオペラ「カルメン」などもお薦めだ。

さて、ケーゲルのマーラー第1番だが、彼の演奏はマーラーのスコアをきわめて緻密に再現し、かなり分析的な傾向が強い。

しかし、この演奏には独自の重苦しさや暗さがあり、楷書的といえるもので、このようなマーラーはほかではあまり聴けない。

その意味では興味深いものがあるが、やはり独特の演奏と感じられる。

なによりも第4楽章では、驚異のアインザッツで奏でられる14分前後の演奏は、ブルックナーのアダージョのように、魂が浄化されていく過程を体験できる。

ケーゲルは、東ドイツのライプツィヒ放送響やドレスデン・フィルの首席指揮者に君臨し、膨大なレコーディングを残したが、1990年、ベルリンの壁の崩壊の後、ピストル自殺をした。

70歳であった。

自由化後の仕事に不安を持ち、鬱状態だったともいう。

オーケストラをひとつの楽器のように完全にコントロールする能力はカラヤンに匹敵すると思うし、そこで表現される音楽は、カラヤンよりもずっと深淵で、ときに危ないものだった。

現在の海外ビジネスマンのようなスマートで薄っぺらな指揮者が多い中で、生きていてくれれば貴重な存在になったはずである。

慰めにはならない、死と向き合う音楽だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:27コメント(0)トラックバック(0)マーラー | ケーゲル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ