2007年12月15日

カラヤンのバルトーク


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

カラヤンは若い頃からバルトーク作品の研究と演奏に情熱を燃やし続けた人で、「管弦楽のための協奏曲」を3度録音しているが、上記のCDはそれぞれ2度目(グラモフォン)と3度目(EMI)のもの。

「弦楽器、、打楽器とチェレスタのための音楽」も3度録音しており、それぞれ3度目(グラモフォン)と2度目(EMI)のもの。

両曲ともに曲の核心に鋭く迫った完成度の高いもので、カラヤンはひとつひとつの音に精魂を込めながら、一分の隙もなくまとめている。

この精緻を極めた構成力と色彩豊かな表現力は、彼ならではのものだ。

グラモフォン盤は、カラヤンのバルトークに対する敬愛の念が強く込められており、演奏の質は極めて高い。

ことに「オケコン」の第4,5楽章は凄く、聴いていると恐怖に似た感動を覚える。

「弦、チェレ」の第1,2楽章なども秀逸である。

EMI盤はバルトークの曲の核心を鋭くついた極めて完成度の高い演奏だ。

カラヤンは曲の隅々にまで神経をゆき届かせながら全体を精緻に仕上げており、そこには一分の隙もない。

「オケコン」での、特に旋律を絶妙に歌わせた第3楽章、彫りの深い第4楽章の卓抜な表現は他の追随を許さない。

いずれもカラヤンのバルトークに対する傾倒の深さがはっきりと示された名演といえる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:09コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | バルトーク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ