2007年12月17日

セル/ライヴ・イン・東京 1970


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



幸いなことにセルの最晩年の来日公演がCD化されている。

これを聴けば当時の聴衆が興奮したすごさが伝わってくるはずだ。

セルの音楽は室内楽的である。

100人で演奏していても、行われているのは分業ではなく、共同作業ということ。

たとえ10人でヴァイオリンを弾いてもひとりで弾いているように聞こえる、たとえ50人で弦楽合奏をしていても、数人で弾いてるように聞こえるということなのだ。

まさに、究極の合奏であり、これがたいへんな密度感を生み出す。

そして、このような正確な合奏=機械的な冷たさになっていないところが素晴らしい。

音楽は熱く呼吸している。

特に、シベリウス交響曲第2番の最後の部分など、物凄いクライマックスが築かれる。

まさに入魂の演奏であり、当時の聴衆がこれを聴いて肝をつぶし、突如としてセルを崇拝しだしたのもまったく不思議ではない。

私もおそらく、この最後の部分を生で聴いたら、すっかり放心状態になってしまったことだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:12コメント(0)トラックバック(0)セル | シベリウス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ