2007年12月17日

バルビローリ&ベルリン・フィルのマーラー:交響曲第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バルビローリとベルリン・フィルの唯一のスタジオ録音。

ベルリン・フィルがまだマーラーに親しんでいない時期に積極的に客演、名演を聴かせたのがバルビローリだった。

彼が1963年にベルリン・フィルに客演した際に、その指揮に感動した楽団員の申し出で翌年録音が実現したと言われている。

ベルリン・フィルが当時EMIに録音するのは異例のことであった。

後にベルリン・フィルはバーンスタイン、カラヤン、アバド、ラトルと、それぞれの指揮者の本領を最大限に発揮した超絶的なライヴ録音が残されたことからも、ベルリン・フィルにとってマーラーの交響曲第9番は特別の作品だと感じる。

バルビローリはこの曲とがっぷりと四つに組んで、まことに重量感のある厚い演奏をしている。

ベルリン・フィルの力にもよるのだろうが、小さくまとまりがちな平凡さがなく、熱っぽい呼吸が楽想の高潮を大きく盛り上げている。

第1楽章の茫漠たる悲劇感といい、終楽章の粘着力のある情緒の高揚といい、実に規模が大きく、かつ内面に深く沈潜した充実した稀有の名演である。

バルビローリの人間的な温かみと入魂の演奏は、その後録音された十指にのぼるレコードの、どれよりも耐えがたいような感動をさそう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:58コメント(0)トラックバック(0)マーラー | バルビローリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ