2007年12月19日

ギーゼキングのドビュッシー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

晩年といってもまだ50歳代の演奏。

なんと若々しい音楽なのだろう。ドビュッシーの音楽のデリケートな光と影を、絶妙なコントロールで肉付けしながら極めて鮮やかに描き出すギーゼキングの才能は、テクニックにおいても今なお現役の第一線に立たせて揺らぐことはない。

しかもドビュッシーはギーゼキングがある時期並行して生きた作曲家。

その音楽はしっかりと同時代の精神の理解に基づいており、リアリティを主張している。

ここでものをいってるのは、ギーゼキングの演奏家としてのキャパシティの広さだろう。

彼は全ての曲をドビュッシーという先入観なしに演奏しているようで、多くの演奏家が捕らわれがちな枠を超えて、実に多彩な表現を生み出す。

ギーゼキングのデリケートな表現、とりわけ光と影、明と暗、色合いを繊細に描き分けた演奏は、今日の耳にもなお鮮やかに聴こえる。

また特筆すべきは表現の確信に満ちた力強さで、雰囲気にたよるようなごまかしのない演奏からは、ドビュッシーの音楽が実体を現してくる。

ギーゼキングの演奏は、一回楽譜の音をオブジェ化し、その構成の中にプログラム性を見ようという立場からの解釈である。

こうした方向は、ある意味できわめて現代的であり、この演奏の新鮮さの根源であると考えられる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:01コメント(0)トラックバック(1)ドビュッシー | ギーゼキング 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. こいのぼり  [ クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード ]   2008年05月05日 15:19
 明け方前から雨。午後1時、曇天です。相模川の鯉のぼりが報じられていました。この情景を観ると毎年、ああ、夏が来たなあと感じます。  1,200匹の鯉のぼりは美しいでしょう。熊本の杖立温泉では3,500匹が泳ぎます。 《防水デジタルムービーカメラ》サンヨ...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ