2007年12月19日

クラウスのシュトラウス・ファミリー・コンサート


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

シュトラウスの原点であり、かつ究極の姿を示す永遠の名盤だ。

ウィンナ・ワルツを愛する人なら是非聴いておきたいディスクである。

「踊る世紀」といわれた19世紀の息吹きを感じさせるような、優雅な雰囲気にあふれている。

その絶妙なリズムと、間の取り方のうまさは決して他の追随を許さない。

どの曲にもこぼれるようなウィーン情緒があり、実にロマンティック。

その反面、感覚はこの上なく洗練されて、外見上は淡白を極める。

それらが相まって、心からいつくしみたくなるような演奏になっている。

どの曲を聴いてもそこにはウィーンの芳酵な香りが漂い、特に「美しく青きドナウ」には、これこそ本物!と思わせるウィンナ・リズムが満ちている。

「オーストリアの村つばめ」は特に抜群で、ことによるとクラウスの最高傑作かもしれない。

その他もすべて素晴らしく、上品で、しかもウィーンの伊達男のような洒落た表現には完全に魅了されてしまう。

いずれもクラウスの本領が遺憾なく発揮された名演奏。

ウィーン・フィル特有の、甘美で艶のある弦の美しさは筆舌に尽くしがたい。

聴いていて現代の喧騒を忘れ、こんな良き時代はもう2度と戻ってこないのだ、という想いが胸をしめつける。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:09コメント(0)トラックバック(0)シュトラウス | クラウス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ