2007年12月20日

アーノンクールの「水上の音楽」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



非常に斬新で個性的な「水上の音楽」だ。

古楽器を使い、古楽奏法によりながら、そこに現代風の鋭さを加えたアーノンクール流のヘンデルである。

しかし決して音楽のスタイルを破壊したものではない。

バロック期の作品に対する充分な研究を基にして当時の自由さを最大限に発揮させただけなのである。

弦は弓を押しつけ、ヴィブラートを取り、1つ1つの音をクレッシェンドするような奏法が頻出する。

「序曲」後半のすごいダイナミックの効果や、第3曲「アレグロ」でのホルンのフラッター奏法もすごい。

合奏協奏曲もテンポが速く、極めてリズミックであり、アクセントがきつく、表情の変化が激しい。

ヘンデルの音楽がもつ純潔美、古代の哀しさ、崇高さといったものはここにはない。

そのかわり、胸のすくような意志的な音が鳴り響く。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:12コメント(0)トラックバック(0)ヘンデル | アーノンクール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ