2007年12月21日

ギレリス&ライナーのブラームス:ピアノ協奏曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ギレリスは1972年にもヨッフム&ベルリン・フィルとの共演で、この協奏曲を録音しているが、本盤はそれより約15年前の録音。

この録音は、絶頂期の最高の状態のギレリスの演奏を楽しませてくれると同時に、ライナー=シカゴ響の桁外れの実力を、とくに鮮明に伝えてくれる演奏である。

抜群のテクニックと美しくも重量感のあるタッチで、この大作を雄渾に語り進めていくギレリスのピアノは、これこそがヴィルトゥオーゾであるという強い実感を抱かせずにはおかないものである。

1958年録音だが、ギレリスは腰の強い締まったタッチで存分に激しい力感を表出し、音楽の運びも明確で淀みがない。

ときとして粘りや柔らかみに不足するが、自己のスタイルの範囲内で感情も込めている。

これ以上なくブレンドのよいサウンドを駆使して、しなやかでありながらも引き締まったバックアップをみせているライナーの対処も、これが本物のブラームスの響きだという確信を与えずにはおかない。

とくにまろやかなホルンの音色の抜群の美しさなどは、他に例がないものである。 

ライナーの指揮は厳しいアンサンブルと迫力が印象的で、曲想のきりりとした対比に独自のものがある。

雰囲気には欠けるが、ギレリスとともに思いきりのよさが快い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:05コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | ギレリス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ