2007年12月22日

アンセルメのチャイコフスキー:3大バレエ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

「白鳥の湖」はラテン的な明るさ、エレガントなロマンティシズムに溢れた、いかにもアンセルメらしい音楽だ。

ロシア的粘っこさを求めるむきには繊細に過ぎるかもしれないが、鮮やかな色彩感と表情付けのうまさは、ちょっと比類がない。

「眠りの森の美女」は決定盤の名にふさわしい名演だ。

アンセルメは、3大バレエの中でも最もシンフォニックな性格をもつこの曲を、クールな弦に輝かしい金管を配した絶妙な演出ぶりで絢爛とまとめている。

精緻なリズム処理には驚嘆するほかない。

ロシア芸術の祭典とまでいわれるこのバレエの精髄である、まばゆいばかりの色彩美がここでは完璧に再現されている。

「くるみ割り人形」は舞台の動きまでも彷彿とさせる素晴らしい演奏だ。

この作品の真価はやはり、アンセルメのようなバレエ音楽を知り尽くした大指揮者の手になる全曲盤を聴いてみないとわからないだろう。

3大バレエでもアンセルメがこよなく愛した名作だけに、演奏は巧緻極まりない演出ぶりで非の打ち所がない。

チャイコフスキーの3大バレエの決定盤であり、まさしく熟し切った境地というべきだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:14コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | アンセルメ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ