2007年12月23日

ポリーニのDGへのデビュー盤


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「10年の沈黙」を破って現れた、この演奏におけるポリーニを愛するひとは多い。

「ペトルーシュカ」は、どの部分にもカンタービレが息づき、音楽がしなやかに流動する。

バレエ音楽が持っているダイナミズムが、その変化の目まぐるしさとともに一片の狂いもなく構築されている。

プロコフィエフも、鮮やかなリズムと、深い澄み切ったソノリティが異色。

ブーレーズの「ソナタ第2番」は、誰がどう考えてもポリーニのために書かれたとしか思えない、まさに彼にうってつけのソナタ。

そこでは音楽史の分析と解体そのもののような作品と、ピアノという技術的手段の間での純粋な干渉状態が体現される。

まさにポリーニのレクチュールとブーレーズのエクリチュールが完璧な一致を見せており、ヴェーベルンも見事の一語につきる。

まさにポリーニの卓越した感受性と技巧が生み出した、忘れ難い名演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:09コメント(0)トラックバック(0)ポリーニ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ