2007年12月23日

ポリーニのショパン:ピアノ・ソナタ第2番&第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

「ピアノソナタ第2&3番」はポロネーズ以来、実に9年ぶり(1984年)のポリーニのショパン。

ポリーニならではの鋭い感性が、全体に冴えわたった演奏で、シャープに切り込んでいる表現が魅力だ。

ポリーニの歯切れの良い音と、磨き抜かれたテクニックで作り上げられていくショパンは、情緒的、装飾的といった風でなく、深い構造性を感じさせる大変聴き応えのある演奏である。

ソナタ第2番は、アルゲリッチとは対照的に、きわめて醒めた目で楽曲の構造を見つめており、どのような激しい部分でも奔放にならず、手綱をしっかりと引き締めている。

ソナタ第3番でもポリーニは一点一画をもおろそかにせず、音楽の内面に鋭く切り込んだ表現で、深々とした音楽をつくりあげている。

これほど厳しく、しかもゆるぎない造型をもった演奏というのも珍しい。

従来のポリーニの演奏を支えていた《挑戦》という意識は、このショパンを聴くと、それほど意識されなくなったのではないかと思える。

相変わらずシャープでゆるぎない演奏だが、内面的な作品との対決の深まりを感じる。

第2、3番とも、表現はかなり地味であり、従来の強引さはまったくない。

一方第2番の第4楽章や第3番の第2楽章スケルツォ部分では、その磨き抜かれた技巧を聴かせてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:00コメント(0)トラックバック(0)ポリーニ | ショパン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ