2007年12月24日

アシュケナージ&ハイティンクのラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



旧盤を上回る出来。

アシュケナージのタッチが実に魅力的だ。

美しい響きを無理なく引き出して、低音も決して重くない。

センチメンタルにならず、常に品位を保ち、しかも暖かい感情を失わない。

第2番の第1楽章は透明なタッチと美しいリリシズム、すばらしい生きたリズムやアクセントが、アシュケナージらしい。

第2楽章も、高音には滲み出すような哀しみの色がある。

フィナーレの透明度は、とてもピアノという楽器が発するとは思えないほど。

ハイティンクの円熟ぶりも目をひく。

弦を豊かに響かせながら、それを自在にコントロールしてラフマニノフにふさわしい豊かな広がりをつくり出している。

オケも指揮者も音楽性満点で、フィナーレでの生命力、最高の厚みなど、ただ聴きほれるのみ。

「パガニーニの主題による狂詩曲」は現今、これ以上は不可能という線まで達した超名演。

アシュケナージの音色の色彩感は、オーケストラ以上とさえいえるし、リズムやテクニック、タッチ、洗練されたしゃれっ気、孤独な心の告白など、ただ舌を巻いて聴き入るのみだ。

ピアノの生き生きとした表情が豊かな振幅をつくり、聴く者をひきつける。

ハイティンクの指揮も生々しく敏感で響きがいかにも立派。

第3番も名演だが、成功の半分はハイティンクによるものだろう。

アシュケナージのピアノは華やかな響きから虚無感まで、表情の幅が非常に広い。

第4番も同様だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:15コメント(0)トラックバック(0)アシュケナージ | ラフマニノフ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ