2008年05月06日

カラヤン&パリ管のフランク:交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フランクはカラヤンのパリ管との最初の録音。

フランクの交響曲が名演だ。

カラヤンの持つドイツ的性格と南欧風感覚が共に示されており、そのため曲の折衷的性格が的確に示されている。

しかも比較的自我を抑えて作品に素直に共感しており、オーケストラの好演と相まって優れた演奏が生まれた。

第1楽章冒頭からゆっくりと重々しい。そして静寂な部分は非常に情緒を生かして、それを大きく盛り上げてゆく。まことに規模の大きいスタイルをとったシンフォニックな演奏である。

第2楽章も同様。

第3楽章もできるだけ低音の旋律を生かして重々しいリズムで進めている。きわめて情緒的な演奏である。

パリ管を指揮しているためか、カラヤンは清新の気が漲り、なめらかな旋律線と幅広いデュナーミク、細部に及ぶきめ細かな構成力も高く評価したい。

ドビュッシーはカラヤン色濃厚な演奏。弱音効果を徹底的に生かし、デリケートな官能を前面に押し出している。

「海」は盆栽的な音楽作りだが、カラヤン独特の悩ましい曲線美や、緻密なリズムと相まって、吟味されつくしたドビュッシーを生んでいる。

「牧神の午後への前奏曲」はカラヤンの体質のためか少々粘りが強く腰が重いが、みずみずしい官能美を湛えている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:28コメント(0)トラックバック(0)カラヤン | フランク 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ