2012年03月26日

ワルターのシューベルト:交響曲第5番&第8番「未完成」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



あらゆる時代を越え、常に《未完成》の人気ディスクの上位に残り続けるのがワルターのこのディスクではないだろうか。

旋律を心ゆくまでうたわせたウィーン的な香りをもった名演奏で、最高級の心優しさと充実感を我々の胸に刻みつけてくれる演奏である。

この作品の歌謡性をよく表した演奏だが、さすがに堂々とした風格がある。

真の意味での不滅の名盤というべきであろう。

ここでのワルターの棒も徹頭徹尾ロマンティシズムに満ち、ふくよかな情趣としなやかな歌心にあふれている。

そのリリシズムの深さは諸所でほとんど耽美的といってよいほどの魅惑的世界を醸成しており、いいしれぬ感動を聴き手にもたらす。

彼の晩年の安定した心境と法外なまでの優しさを伝えきっているようでもある。

両楽章ともに絶品、ことに第2楽章の纏綿たる表情はワルターならではのものである。 

ニューヨーク・フィルの演奏だけに、ワルター独特の重厚な響きと情緒豊かな表情がいっそう濃厚に表わされている。

こうしたロマンティックな《未完成》を聴かせてくれる指揮者は、いまや少なくなってしまった。

ベートーヴェンの《田園》と並び、この指揮者が遺した宝物のような録音といってよい。

コロンビア響との第5番も名演。

全体にやや遅めのテンポをとり、古典的な形式の中に描かれたシューベルトのロマン的な抒情をあたたかく表出している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:51コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ