2007年12月25日

ヴンダーリヒのシューベルト:美しき水車小屋の娘


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



36歳という若さで事故死したドイツの名テノール、ヴンダーリヒを人が未だに惜しむとき、その脳裏に浮かぶのはまずこの歌曲集の輝くばかりの生彩を想うからだろう。

若者らしい一途な情熱を見事に歌い上げている。

まずなんと言っても輝かしい美声がすばらしい。

歌い方も率直かつ繊細きわまりなく、凛とした気品があふれている。

同じテノールによる《美しき水車小屋の娘》でも、ヴンダーリヒとシュライアーとでは、その世界はずいぶん異なる。

シュライアーの流れるような抒情に対し、ヴンダーリヒは1曲1曲立ち止まって、考え込むかのようだ。

この入念な歌曲集はヴンダーリヒの美質を凝縮したかのような名演だ。

声の美しさ、フレーズのレガート的扱いに関しては抜群である。

もちろん若さからくる未熟の箇所はいくらでも指摘できようが、その未完成の歌の中にあるドイツには珍しい美声の旺盛が、まぶしいばかりだ。

艶やかな声、たっぷりとしたフレージング、下から上の声域まで1本でムラのない発声、そして明るい響きなど、これほどまでに輝かしく、生命の喜びを伝え切ったドイツのテノールは他にいない。

《水車小屋》の極めつけの名唱と言っていいと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:17コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ヴンダーリヒ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ