2007年12月26日

小澤のマーラー:交響曲第1番「巨人」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

旧盤は旋律の自然な流動感も快く、みずみずしい感覚美と端正な造形美を両立させた演奏だ。

ボストン響のアンサンブルも美しく洗練され、この青春を描いた曲にふさわしい。

ここで採用されているのは「花の章」はラトルも録音していたが、小澤の表現が最高だ。

しなやかに歌い、爽快に起伏する演奏で、この楽章に続いて現行の第2楽章が現れる新鮮な印象は、やはり素晴らしいと思う。

再録音は、細部はいっそう彫琢されている。

第1楽章はすべてが明晰で点滅する各パートのつながりもよい。

第2楽章も躍動感が強く、音の動きには強靭さがある。

弦の表情にドイツ風ともいえる克明さを加えたことも好ましい。

第3楽章のゆとりのある表現も実に音楽的だ。

マーラーの管弦の色彩的効果が絶妙といえるほど美しく表出され、その美感は哀愁すら漂わせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:05コメント(0)トラックバック(0)マーラー | 小澤 征爾 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ