2008年01月02日

カラヤン&ベルリン・フィルのR.シュトラウス:アルプス交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

「アルプス交響曲」はカラヤンの傑作であり、たとえようもなく磨き抜かれた音と表情だ。

ベルリン・フィルが名手揃いの楽団といまさらのように再認識するが、カラヤンはこうした名技を生かし、純音楽的ともいえる高度な洗練をもって曲を表現している。

この指揮者の個性ともいえる感覚美を表しながら快く流動し、朗々と鳴り響く演奏なのだ。

それが結果として標題的なおもしろさを自然に満足させてくれる。

カラヤンとベルリン・フィルは、すべての音が完璧なまでに美しく響きながら、それが外へ向かうのではなく求心的に収斂していく名演で初めて作品の本質が明らかになったと言っても過言ではない。

カラヤンは、標題音楽の演奏に絶妙な手腕を発揮する人だが、ここでも棒さばきの冴えた、実に写実的な演奏を行っている。

刻々と変化する山の様子や、嵐のシーンなど、それぞれの場面を、磨き抜かれたベルリン・フィルの音色とアンサンブルを生かしながら、巧みに描出していて、見事である。

ことに、夜明けに、雲海に浮き出る山に太陽が輝きわたる場面での、全合奏によるフォルティシモは、あ然とするほど壮麗で、感動的だ。

また「日没」での弦の張り詰めた輝きは胸を打つ。

このような標題的要素がかった曲に対したときのカラヤンの雄弁さ、能弁さたるや、やはり際立ったものがある。

彼の美意識が、ここではさほど抵抗感なく聴くことができるといえよう。

1980年の録音だが、意外なことにカラヤンとしては、この曲の録音は初めてであった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:37コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ