2007年12月31日

クライスラーの芸術


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

クライスラーの演奏家としての最盛期は1900〜30年代とされるが、ここには、ほぼその時期の演奏が集約されている。

彼のテクニックが早く衰えることになったのは練習嫌いのためだが、そのこと自体が今日の演奏家では考えられない人間臭い魅力を持っている。

テクニック一辺倒ではなく、全人的な存在と表現がアピールしえた時代の記録として、ここに発揮されている音楽性を聴くとき、クライスラーの魅力を再確認させられる。

そしてここには19世紀後半の、ドイツ系音楽の演奏習慣に関する多くの示唆に富んだ実例があり、曲によって使い分けるヴィブラートにも注目したい。

クライスラーが残した録音は、《作品に忠実》な演奏が後期ロマン派にまで及んでいる今日、貴重な証言となるに違いない。

甘美な音色で、素朴といえるほどにシンプルかつ大らかに歌う演奏には、クライスラーの人間的なあたたかさが漂っている。

また、「愛の悲しみ」「美しきロスマリン」「オールド・リフレイン」などの自作の小品は、ヨーロッパの古き良き時代の雰囲気をそこはかとなく伝えてくれて、それが大きな魅力となっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:55コメント(0)トラックバック(0)クライスラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ