2007年12月31日

ロストロポーヴィチのドヴォルザーク:チェロ協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

    

第2回目の録音では、ロストロポーヴィチのソロが実に素朴でありながら、音楽の質としては純粋で、ターリッヒと完全に呼吸が合っている。

これこそ味わい深い、本物の音楽だ。

第6回目の録音では、カラヤン盤とはかなり世界が異なる。ロストロポーヴィチ50歳時の演奏。

ジュリーニ特有の懐の深い響きとスケールの大きい音楽の流れの中で、思いのままにロストロポーヴィチが泳ぎまわるといった風情。

詩情的、夢想的な雰囲気をこれほど醸し出した演奏はあるまい。

第7回目の録音はロストロポーヴィチ会心の円熟作である。

肩の力が抜けている分、音がぐんぐん伸び、低音の朗々たるところなど、まさに比類がない。

多用されるピアニッシモも人工的にはならず、表情の魔法のような変化が詩的で、聴く者の心を打つ。

小澤の指揮は音楽性が最高で、伴奏者としても敏感だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:56コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク | ロストロポーヴィチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ