2008年01月01日

アンセルメのファリャ:「三角帽子」「恋は魔術師」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アンセルメは若い頃、ディアギレフの主宰するロシア・バレエ団の指揮者をつとめており、その時に初演した作品のなかには、この「三角帽子」も含まれていた。

そうした彼が、自家薬籠中のものとした作品だけあって、冒頭の金管の旋律やカスタネットの音、手拍子、そして、ベルカンサの歌う悩ましい歌声などを聴いただけで、強烈にひきつけられる魅力をもった演奏である。

アンセルメの指揮したバレエ音楽の素晴らしさは別項のチャイコフスキーでも述べたので、改めて述べるまでもないだろう。

「三角帽子」も「恋は魔術師」も素晴らしい出来栄えだが、なかでも彼の手で初演された「三角帽子」は、作品を完全に手中に収めた決定的演奏とでもいうべきもの。

そのリズム処理と間のとり方のうまさはこの人ならではのもので、惚れぼれしてしまう。

曲全体にスペイン的熱狂が息づいている。

「恋は魔術師」も劇場的な雰囲気が絶妙で、スペイン色の濃厚な味わいに魅了される。

ファリャの作品は、アンセルメの得意としていたものである。

それだけに、この演奏はきわめつきといってよい。

演奏は、《バレエの神様》とまでいわれた彼の、要所要所をピシリと押さえた、リズム処理の見事なものだ。

やや作為の目立つ表現だが、この作品の南国の太陽がギラギラ輝くような、スペイン情緒を、洗練された感覚で見事にまとめており、色彩豊かな生命力にあふれる音楽となっている。

この曲はまた、バレエ音楽としては珍しく、メゾ・ソプラノ独唱を用いてるが、ガバレインの歌唱も、よく感じを出している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:39コメント(0)トラックバック(0)アンセルメ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ