2008年01月02日

バーンスタイン&ニューヨーク・フィルのマーラー:交響曲第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バーンスタインが史上最大のマーラー指揮者であることは論を待たないところだ。 

このニューヨーク・フィルとの第9番はバーンスタインの名声を高めたディスクであり、今日のマーラー・ブームの先駆的役割を果たした演奏だ。

作品への強い共感が示された演奏で、その情熱的で彫りの深い劇的表現はマーラー音楽のひとつの真実を表している。

ここにはバーンスタインとマーラーとの本格的な出会いのみずみずしさと後年の演奏から失われたまばゆいエネルギーの放射がここにある。

バーンスタインのマーラー演奏は極めてドラマティックなものだ。

変幻自在のテンポ設定や思い切った強弱の変化、そして猛烈なアッチェレランドを駆使するなど、その劇的な表現は圧倒的な迫力を誇っており、聴いていて手に汗を握るような興奮を味わわせてくれる。

本盤におさめられた演奏は、40代の壮年期のバーンスタインによるものであるだけに、後のベルリン・フィルやコンセルトヘボウとのライヴ録音のような至高の高みには達してはいないが、前述のようなドラマティックな表現は健在であり、とりわけトゥッティに向けて畳み掛けていくような気迫や強靭な迫力においては、ベルリン・フィル盤やコンセルトヘボウ盤を凌駕する。

ストレートで若干荒削りな演奏と言えなくもないが、スコアに記された音符の表層をなぞっただけの洗練された美を誇る演奏などに比べれば、よほど本演奏の方がマーラーの本質を捉えていると言えるとともに、我々聴き手に深い感動を与えてくれると言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:58コメント(0)トラックバック(0)マーラー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ