2011年12月20日

カラヤンのショスタコーヴィチ:交響曲第10番(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンのショスタコーヴィチのレパートリーは交響曲第10番に限られていた。

奇妙といえば奇妙だ。

ショスタコーヴィチの作品は、直接あるいは裏に何かの意味が込められているとみなされている。

そしてカラヤンは、たとえオペラでさえも、意味など眼中にない演奏をする指揮者だった。

そのカラヤンが、この曲にはご執心だった。

なるほど、ここには意味などない。

"証言"がどうしたといった騒ぎが収まり、ソ連がなくなり、ショスタコーヴィチもとっくに過去の人ということになると、カラヤンこそ王道を行っていたのか、という気になる。

カラヤンの巧さ、ベルリン・フィルの巧さは際立ち、演奏効果満点。

この演奏効果をこそ、言葉を持たない交響曲第10番は求めている。

この1966年盤は、手慣れた感じのまったくしない初々しいアプローチに好感が持てる。

楽想の豊かな表情、雄大な構築、驚異的な演奏技術は感嘆すべきものだが、後の1981年の録音はさらに成熟し、彫りが深い。

もし1981年の録音がなければ、これがこの曲の最高の演奏といえるだろう。

彫琢された輝かしい音色と洗練の極致ともいうべき響きによる演奏が魅力の1枚といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:42コメント(0)トラックバック(0)ショスタコーヴィチ | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ