2008年01月03日

アルゲリッチのシューマン:クライスレリアーナ&子供の情景


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アルゲリッチのシューマンを聴く悦びは、フレーズのそこかしこから枯れることなく汲み出されてくる、驚くべき多彩なニュアンスの妙味に心ときめかせ、ときに奔放な気まぐれだとの思いに駆られながらも、その奔放さに秘められたあまりにも自由闊達な即興とみずみずしい感性に彩られた限りなく愛おしい情感にほだされて、知と情のバランスを絶えず情の方へ崩してゆきそうな危うい領域で、綱渡り的なアクロバットに自ら巻き込まれてゆくときの、墜落してゆくような幻惑にも似た快感にほかならない。

それは《クライスレリアーナ》のような理性と狂奔と抒情の渦巻くさなかの名技性のなかでは、完全無欠の姿となって湧き起こってくる。

粒立ちのよいタッチが招き寄せる感覚的な満足を遠心力としながらも、同時に芯の強い音楽作りがもたらすところの、絶えず曲の中心へと引き寄せる求心性を感じさせながら、両方向へと引きちぎられるような痛みと快感を併せ持った絶頂感を伴って、アルゲリッチの演奏は聴き手の耳へと迫ってくる。

それは、一見他愛もない《子供の情景》の音楽のなかで、むしろいっそう顕著となり、部分の微細なデフォルメを常に施しながら、それをそうとは感じさせない、秘技とも言うべき独特の術策によって聴き手を虜にする。

してやられたと気づきつつも、それから逃れられないことを知った人間は、やがてアルゲリッチの演奏に憂き身をやつすことになろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:55コメント(0)トラックバック(0)シューマン | アルゲリッチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ