2008年01月03日

ピリスのモーツァルト〜現代最高のモーツァルト弾き


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピリスがドイツ・グラモフォンに録音したモーツァルトのピアノ・ソナタ全集はすべてが秀演・名演であるが、私は旧盤に示されたピリスの比類のないモーツァルティアンな感性にすでに完成の姿をみていた。

この旧録の全集はソナタ18曲と有名な幻想曲2曲、ロンド2曲を収録している。

ピリスはこの録音のあと、一時病気のため演奏活動を休止していたが、近年また再開し、来日や録音も活発になってきたのはうれしい。

この全集は来日時に東京で録音されたもので、版もヘレン社の新全集に基づいている。

彼女はけっして《則》を超えず、しかもその中で演奏家としての自己主張をきちんと行う数少ないピアニストだ。

ピリスのモーツァルトに聴く精神的な純粋性と演奏の完璧性は、まさに驚くべきものだ。

この全集でも、モーツァルトの音楽に対する深く直観的な理解、清潔すぎるほどの端正な様式感、そして見事に音と響きのコントロールを、より若々しい姿で充分に聴くことができる。

ホームグラウンドを離れ、しかも短期間で、よくこれだけ立派な演奏を残してくれたものだ。

76年度の仏ADFディスク大賞、77年度のオランダ・エジソン賞などを受賞している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:09コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ピリス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ