2008年01月04日

モントゥーのラヴェル


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フランス音楽に定評のあったモントゥー最晩年の貴重な遺産である。

モントゥーは「ダフニスとクロエ」を初演するなど、ラヴェルと親交が深くその演奏を得意としていた。

この演奏にはそうした彼の実力がいかんなく発揮されている。

柔らかい音色感は、生粋のフランス人でなければ表現できない。

どちらかというと、軽い、さわやかな響きをもったオーケストラから、こういう音を引き出したモントゥーの力は偉大である。

オーケストラを完全に自分の楽器にしているのだ。一体に淡白な表現だが、一つ一つの音に実に細かな神経を配っている。

演奏は輝きを抑えて、高雅な芳香がそっと漂うような「亡き王女のためのパヴァーヌ」など、大変美しく品格が高い。

特に「マ・メールロワ」が秀逸で、あたかも掌中の珠を慈しむかのように入念に練りあげながら、表情豊かに描きあげていて、実に見事な演奏だ。

これほど高雅な詩情にあふれた表現はめったにない。

人生のすべてを知りつくした老人が、童心に帰っておとぎの世界で遊んでいる、といった感じの演奏だ。

「ボレロ」もモントゥーらしい品格ある表現が魅力的で、噛んで含めるように一つ一つの繰り返しを丹念に磨きあげている。

「スペイン狂詩曲」には、もっと鮮やかな色彩と躍動があってもよいと思われるが、やはり静かに瞑想すべき味わいに富んでいる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:35コメント(0)トラックバック(0)ラヴェル | モントゥー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ