2008年01月07日

ミケランジェリのシューマン:「謝肉祭」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この曲の標題音楽的な性格よりも、むしろピアノ組曲としての性格を尊重した演奏である。

1音1音が実に研ぎ澄まされており、各曲にすこぶる繊細な表情をつけながら弾きあげているのが魅力だ。上品で、しみ入るようなロマン性が濃い。

ミケランジェリの「謝肉祭」は活力がみなぎっており、リズムの刻みが鋭角的で動意をはらんでいて、演奏全体に大きなうねりが感じられ、それが聴き手を刺激し、緊張させる。

ミケランジェリの《熱気》が感じられる。

ミケランジェリが音色に関して特異な感覚をもち、その美を追求するピアニストであるのは周知のことだが、その音色美の実現が「謝肉祭」では至上目的になっているようで、その結果、たとえば音楽の流れ、演奏の勢いといったものが犠牲に供されているような感じを受ける。

細部は見事。

しかし、演奏全体の仕上げとなると弛緩気味。ミケランジェリ・ファン以外は興味をそそられる出来とはいえない。

とはいえ「休憩」から「フィリスティンたちを討つダヴィッド同盟の行進」にかけての設計は、唖然とするほどうまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:01コメント(0)トラックバック(0)シューマン | ミケランジェリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ