2008年01月07日

「女性」幻想交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベルリオーズには、女性をめぐるエピソードは無数にあるとはいえ、それはむしろその時代の「芸術家」には当たり前の事だったと言っておこう。彼はとりわけ好色であったわけではなく、女性を過大評価していたにすぎない。つまり、ベルリオーズは「ロマン派」の作曲家だったからだ。

ロマン派の音楽は男性の音楽だ。なぜなら、その向こうにはいつも女性がいるからだ。ロマン派の音楽は「超人」を求めるのではなく、「人間」を、とりわけ「女性」を求めているのだ。

ドイツ・ロマン派の音楽は慎み深く、臆病で遠回しだ。「女性」に語りかけるにも、わざわざ、宗教や哲学や詩をもち出し、それを長々と、あるいは抽象的に語り続け、知らぬ間に、本当に言いたかったことがわからなくなり、逆にどこにもない真実の探求に出かけることにもなったりするが、ロマン派特有の偏執症も、ここでは、むしろ、分裂症の気配を帯びてくる。

ロマン派の作曲家には、多少なりともこうした神経症が特権化する独自性が認められるが、その結果、責任などもともと取るはずもない音楽にすっかり弄ばされ、狂気を死の境を越えていった人々も少なくない。

しかし、ロマン派の音楽の沈没からベルリオーズを救っているのは、救命ボートのようなその鮮やかさだ。それまでになかった大規模な管弦楽といい、古典派が完成した形式など構わない派手な語り口といい、ロマン派のメランコリーと縁を切り、躁状態をしたたかに保ちつつ、どこにもいるはずのない「女性」の気をひこうと必死になっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:29コメント(1)トラックバック(0)ベルリオーズ  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by gkrsnama   2010年02月01日 23:31
クラシック音楽が取り上げるものは3つあると思います。

一つ目が構造化、これは西欧クラシック音楽に特有な性格で、いいにせよ悪いにせよ強烈に特徴づけています。

2つ目が愛、これはどの音楽にも共通している点です。歌の始まりは異性への呼びかけであったのでしょう。

最後が死です。クラシック音楽は宗教音楽より発展してきましたら当然。幻想交響曲にも入っていますがチェラノのトマソ作「怒りの日」が嚆矢でしょうか。

19世紀においても愛も死も重要なテーマでした。幻想交響曲でも同じです。ただしベルリオーズよりも後の世代ではもっと死の翳りが濃くなります。ワグナーやマーラーがそうでしょう。その後の世代になると、愛は消え死ばかりがあふれることになります。「月に憑かれたピエロ」「ヴォツェック」「火刑台以上のジャンヌダルク」「青髭」「中国の役人」「死者の復活を待ち望む」、20世紀前半は危機の時代だったんでしょうね。ジャンヌダルクの時代と同じく

(いえ最近映画見たんですよ、ついでにいうとジャンヌのネタ上にも2つもありますよね=青髭はジルドレ元帥がモデルになっています)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ