2008年01月07日

バーンスタインの「トリスタン」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これは、バーンスタインの強い希望で録音されたもので、そうした彼の意欲が見事に実を結んだ素晴らしい名演。

バーンスタインとワーグナーがお互いに強い親密感で結ばれてしかるべき特質を共有しあっていることを痛感させられる。

バーンスタインは、一切の抑制なく、直情的に《トリスタン》の情念と官能の世界に突入する。

冒頭の前奏曲からテンポの遅さに驚かされる。

しかし聴き進むうちに、その異常な遅さと粘っこさはバーンスタインの強い意図なのだとわかる。

バーンスタインの、音楽の中に身も心もたっぷりひたり込む豊かな感情移入は比類なく、それを大きく豊かな表情と起伏をもって表現する。

ここではワーグナーのエロスが、文字通り大きく豊かな起伏と表情で、精妙な美感と息づかいの中に表現されている。

その雄弁で巨大なドラマの展開から生まれる感動は驚異的で、溺れるに価する《トリスタン》というべきではないか。

オーケストラも力演。

歌手もほぼ全面的に満足できる。

特に主役のホフマンとベーレンスは第一級のワーグナー歌手としてとび抜けた存在で、それぞれの最もいいところが出ている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:56コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ