2008年01月10日

カラスの「トスカ」(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



プッチーニの「トスカ」はライヴに接したことがある。

プリマ・ドンナはエヴァ・マルトンで素晴らしかった。あれで太ってさえいなかれば完璧な舞台だったのだが…。

「トスカ」で1枚といえば、カラスの旧盤に尽きる。

レコード史上に燦然と輝く名盤で、カラスのトスカ、ディ・ステファノのカヴァラドッシ、ゴッビのスカルピアの3人とも、最絶頂期の録音(1953年)だけあって、お互いの魂のぶつかり合いは凄まじいばかりである。

デ・サーバタの指揮は、イタリアのたくましい歌の魂と、表現するドラマとしての音楽の正しい把握のうえに、管弦楽を有機的に駆使し雄弁なドラマを作り出している。

カラスの激情的でひたむきなトスカは他の追随を許さず、これ以後の新盤と比べてもいささかも見劣りせず、劇的表現を満喫できる。

有名な「歌に生き、愛に生き」など、まさに絶唱だ。

それにゴッビの何とも見事なスカルピアと繰り広げる第2幕はまさに息詰まるばかりだ。

肉声と管弦楽のすべてを一体化した劇音楽としての統一と、その表現力において、イタリア・オペラの演奏の究極を極めた稀にみる名演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:14コメント(0)トラックバック(0)プッチーニ | カラス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ