2008年01月11日

マルケヴィチのストラヴィンスキー:バレエ「兵士の物語」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



詩人コクトーと名優ユスティノフの共演で大きな話題となった名盤である。

アンサンブルにドレクリューズ(クラリネット)、アンドレ(トランペット)、パリキアン(ヴァイオリン)らの名手が参加している。

台詞にもコクトーの手が加わっている。

演奏はいかにもマルケヴィチらしいたいへん切れ味のよい表現で、練達の棒さばきでこの作品のもつ洒落た味とユーモラスな感じとを心にくいまでに鮮やかに描出しており、素敵だ。

ヴァイオリンのパリキアン、トランペットのアンドレら7人の名手を集めたアンサンブル・ド・ソリストも実にうまく、コクトーら4人の語り手のそれぞれの至芸にも強く惹かれる。

豪華なキャストで、ことに、コクトーの語りっぷりのうまさが聴きものとなっており、コクトーの声が聴けるだけでも、価値のある1枚だ。

録音も4人の朗読者たちの口調の魅力、7つの楽器個々の音色と響きの特徴を克明に捉え、全体やいくつもの多種類の組み合わせの妙味を堪能させる。

これは今でもこの作の最上のディスクであり、「読まれ、演じられ、踊られる」という、この作品の持ち味を万全に表出した名演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:02コメント(0)トラックバック(0)ストラヴィンスキー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ